Amazonアソシエイトをするなら知っておきたい紹介料率のこと


Amazonアソシエイト 紹介料率

ブログをやっている人で、『Amazonアソシエイト』のプログラムに参加している人も多いかと思いますが、商品によって紹介料率が違うのは知っていましたでしょうか?

紹介料率の違いを知っていても、どのカテゴリーがどの料率でというのは、細かにチェックしていない人も多いのかも・・・わたしはブログを始めてAmazonアソシエイトを使っていましたが、つい最近まで知りませんでした。そして、商品の売り上げにも上限があるとうことも・・・

そういうわけで、今回はAmazonアソシエイトの紹介料率と上限についてまとめていこうかと思います。

SPONSORED LINK

Amazonアソシエイトの紹介料率を知ろう!

Amazonアソシエイトは10%〜0%の間で、カテゴリーごとに紹介料率が違ってきます。さすがに0%は本当に一部ですが、紹介料率が低いものもあるので、ブログにAmazonアソシエイトのプログラムを使っているならチェックしておいた方が良いでしょう。

Amazonアソシエイト

現在(2016年6月21日)の紹介料率はこのようになっています。時期によって料率も変わってくるので、随時チェックしておく方がいいのかも。

Kindle本と本では8%と3%の差がある!

実はKindle本と本では、Kindle本が8%本が3%の違いがあります。理由は正確にはわからないのですが、Kindle本の方がAmazonも梱包・出品の作業がいらないからだとは思います。

例えば、2000円の本が売れた場合・・・

  1. (Kindle本)160円の紹介料
  2. (本)60円の紹介料

実際に比較してみると、100円の違いが出てきます。これが一冊や二冊ならいいですが、積みかさなってくるとKindle本の方が圧倒的に有利なので、Amazonアソシエイトのプログラムに参加しているなら、AmazonとKindleの両方のリンクを貼っておく方がいいですね。

一回の売り上げの上限は1000円!

これはわたしも途中から知ったのですが、Amazonアソシエイトの紹介料率に違いがあり、1商品1回の売り上げの上限は1000円(消費税別)となっています。

これは、わたしが値段の高い家電製品が売れたときに気になって調べたら、売り上げの上限が1000円ということを初めて知りました。それまでは安い商品しか売れていなかったので気にもしませんでしたが、いざ売れてみると「紹介料率や上限は重要だなー」と感じました。

 

例えば、服やシューズやバッグなど12500円以上の商品が売れれば、上限1000円に達します。

逆に、家電商品などでは50000円以上の商品で、上限1000円に達します。

 

この差はけっこう大きいと思いませんか?12500円のものと50000円のものでも、カテゴリーが違うと同じ紹介料率になります。上限1000円という壁があるので、いくら高い商品を紹介してももらえる紹介料は同じなんです。

別に上限が1000円だからと言って、そこまで気にする必要はないですが知らないより知っておいた方がいいとは思います。

まとめ

このようにAmazonアソシエイトの紹介料率はカテゴリーのよって違ってきます。同時に、1商品一回の上限も1000円と決まっているので、プログラムに参加してバナーなりを貼るなら、チェックしておいた方がいいでしょう。

特にブロガーの人はAmazonアソシエイトのプログラムに参加している人も多いので、利用するならなんでも商品を紹介するのではなく、紹介料率を意識して記事を書いたりしていった方がいいのかもしれません。

 

以上、「Amazonアソシエイトの紹介料率と上限について」でした!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る