BASEとBASE Creatorの使い分け!


スクリーンショット 2015-07-05 23.00.35

無料でネットショップを開設できる事で人気のBASEですが、アプリがBASEBASE Creatorに分けられるようになりました。

主にショップで買い物をしたい人が使うのがBASEで、ネットショップ運営者が使うのがBASE Creatorです。

今まではBASEのアプリで両方を行っていたのですが、今では買い手と売り手の棲み分けがされるようになり、ネットショップ運営者にとってはさらにチャンスが広がったのではないでしょうか?

今まではどちらかというと、ネットショップ運営者主体のアプリという面が強かったので今回の棲み分けは良い感じだと思います。

SPONSORED LINK

BASEとBASECreatorの違い

買う側と売る側が使うアプリ

今までは両者が一緒のアプリを使っていましたが、今は売り手と買い手が使うアプリが分けられています。

当たり前と言えば当たり前なのですが、BASEのアプリがより消費者にとって買いやすいアプリになっているので、消費者はBASEのアプリを使い、ネットショップ運営者はBASE Cratorを使うといった感じです。

BASEアプリの方は、アプリでも買い物がしやすい様なデザインになっており、これまでより断然良くなっています。

恐らく商品数も増えていっているので、これから益々アプリでの買い物が増える気はします。

BASE Creatorの方はこれまでの商品管理やデータ管理など同じですが、自分のショップのデータも見やすくなっているので今まで通り使えます。

PCの方でも様々なBASE Appsがあるのでネットショップを始めようと思っている人にはBASEはおすすめです。

たくさんあるBASE Apps!

BASEを利用する事で使えるBASE Appsはたくさんあります。

スクリーンショット 2015-07-05 23.24.32 スクリーンショット 2015-07-05 23.23.50 スクリーンショット 2015-07-05 23.24.19

これだけのアプリが無料で使えるので、本当に手軽にネットショップの運営が始められます。

もし、ネットショップを始めようと思っているならまずは無料のBASEで始めてみるというのがベストだと思います。

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ。専門知識不要


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る