バスケットボールでわかるチームでの役割の大切さと意味


バスケットボール チーム

みなさん、バスケットボールって何人でするスポーツか知っていますか?

意外と知らない人もいるかと思いますが、正解は5人です。意外と少ないでしょう?

 

サッカーは11人、野球は9人、バレーボールで6人とバスケットボールはチームスポーツの中でも圧倒的に人数の少ない競技なんです。

しかし、世界での競技人口を見てみるとバスケットボールが断然1位です。

 

  1. 一位 バスケットボール 4億5000万人
  2. 二位 サッカー 2置く5000万人
  3. 三位 クリケット 1億数千万人

【参考】LoLなどの競技ゲームを含めた世界のスポーツ競技人口ランキング|MOBASEN

 

このように競技人口が多いバスケットボールですが、実際にプレーするのは5人とチームスポーツではかなり少ないんです。

そして、人数が少ない分一人一人の役割も大きくなってきます。

SPONSORED LINK

バスケットボールでわかるチームでの役割の大切さと意味

バスケットボールは5人対5人でプレイしますが、それぞれのポジションがおおよそ決まっています。

  1. PG(ポイントガード)
  2. SG(シューティングガード)
  3. SF(スモールフォワード)
  4. PF(パワーフォワード)
  5. C(センター)

それぞれのポジションを順番に1番〜5番と呼ぶこともあります。

 

スラムダンクでもポジションを番号で呼びますよね。では、ボジション毎に解説していきたいと思います。

わかりやすくスラムダンクの湘北メンバーも当てはめていきますね。

PG(ポイントガード)ー宮城リョータ

このポジションはコート内で司令塔と呼ばれていて、ボール運びや攻撃の起点となる事が多いです。

ドリブルやパスなど正確な技術が必要とされていて、コート全体を見渡せる冷静な判断が必要とされます。

司令塔と言われる通り、味方への指示を出す事が多いのでチーム内ではキャプテンをする場合も多くみられます。

また、ポイントガードは背の高い選手が活躍できるコート内で如何に得点を味方にアシストするかという醍醐味があります。

SG(シューティングガード)ー三井寿

このポジションは、スラムダンクの三井寿からわかるように3ポイントシュートを打つ事が多いです。

バスケットボールでは普通の得点は2点、フリースローは1点、3ポイントラインの外から打つシュートは3点となっています。

ですから、チーム内に3ポイントシュートがうまいシューティングガードがいると試合を有利に運ぶ事ができます。

バスケの本場アメリカのNBAでも、3ポイントシュートの成功率は4割入ればかなりいい方です。

3ポイントシュートは難しいのですが、それだけにシューティングガードというポジションが如何にシュートがうまいかという事が要求されます。

SF(スモールフォワード)ー流川楓

このポジションは、チーム内でエースと言われる事が多いです。

バスケットボールでの試合の勝敗に重要な得点を取る事が必要とされるポジションです。

総合的にスキルの高さが求められ、フィジカル(身体的)な強さも求められます。

いわゆる、オールラウンドプレイヤーとしてチーム内では欠かせない存在です。

そして、エースとして相手チームからマークされる事もある為、時には自分を殺して味方を生かすというプレイも重要となってきます。

PF(パワーフォワード)ー桜木花道

このポジションは、センターと共にインサイド(ゴール付近)でプレイする事が多く、リバウンドも重要となってくるポジションです。

センターと共にインサイドで背の高いプレイヤーと競るので、パワーとジャンプ力が必要となります。

スラムダンクでは桜木花道がPFですが、リバウンド(シュートを打ってはずれた球を取ること)が重要です。

オフェンスにしろディフェンスにしろ、リバウンドの強いチームは試合をかなり有利に進める事ができます。

それだけにPFのリバウンド力というのは、試合を左右する大事なポジションとなっています。

C(センター)ー赤木剛憲

このポジションは、主にゴール付近でプレイする事が多い大黒柱的なポジションです。

背の高くて体格の良い選手がする事が多く、スラムダンクでもゴリがセンターのポジションをしています。

センターという名前の通り、チームの中心として大切な役割を担っています。

チームに強力なセンターがいるとそれだけ有利に試合を進める事ができるので、重要なポジションです。

 

バスケットボールのポジション別の役割は以上の感じとなっています。

このポジション通りに完全に役割が分かれているというわけではありませんが、だいたいのポジション毎の役割は決まっています。

そして、チームでの役割をわかりやすくタイプ別に分類してみると・・・

  1. PGー司令塔
  2. SGー特有のスキル
  3. SFーオールラウンダー
  4. PFー番人
  5. Cー大黒柱

こんな風になります。

バスケットボールは5人でプレイするだけに、いかに個々の役割を果たせるかという事が求められています。

ガードがボール運びの仕事をやめてはいけないし、センターやパワーフォワードがゴール付近の仕事を怠ってもいけません。

それぞれの役割に応じた仕事をする事で、チームとして最大限の力を発揮する事ができるのです。

5人という編成はチームにとって重要である

5人

バスケットボールでもわかるように、チームにとって役割分担というのは重要です。

一人でなんでもしてしまうメンバーがいると、最初はうまくいくかもしれませんが、長い目でみるとチームとしてうまくいかなくなってきます。チームおいて大切な事を説明していきます。

最初に役割を決めておく

何をするにしてもチームとして事を進めていくには、役割を最初に徹底的に決めておく事が重要です。一人ですべてをできる人がいるかもしれませんが、それではチームとして動く意味がありません。たとえ、それで上手くいったとしても長くは続きませんし、後々揉める事にもなりかねません。

 

なぜかというと、しっかりと役割を分担しておかないと責任の所在がわからなくなってくるからです。仮に何でもできる人がすべてをやってしまうと、当然他のメンバーは「あの人が仕切ったから責任はあの人だよね。」となってしまいます。逆にすべてをやった人は「なんで俺がすべてフォローしてあげたのに、全部俺の責任なんだ!」となってしまうからです。

 

ですから、しっかりと最初に役割分担をして仕事を進めるというのがベストなのです。チームとして動くには、ただ仕事を終わらせればいいというわけではないというのがわかります。

情報の共有を円滑にする

チームで一番重要なのは、互いにコミュニケーションを取り合うということです。いくら仕事のできる人達が集まったとしても、それぞれがばらばらに動いていてはチームとして力を発揮できません。

バスケットボールのポジションを例に出すと、司令塔役の人がそれぞれの仕事を割り振ったり、特有のスキル(会計や事務処理、広報など)をしたりする必要があります。

 

その中で互いに情報を共有していないとうまくコミュニケーションが取れません。

いかに情報を共有して、うまくコミュニケーションを取っていくかというのがチームに取って重要かという事をそれぞれが意識していかなければならないのです。

リーダーを決めておく

これは当たり前かもしれませんが、「リーダーを決める」というのはわかっているようでなかなか難しいです。

何かを始める時に、先頭に立って指揮するPG(ポイントガード)のような司令塔がいるのといないのとではチームのスピードも違ってきます。

誰が司令塔かがわからないとチームの方向性も曖昧になってきて、折角メンバーが集まっているのにばらばらになってしまいます。

そんな事がないように、司令塔の役割を果たせるメンバーをリーダーに選出する事が必要とされます。

そして、リーダーとして司令塔の役割をするには責任感のあるメンバーが最適かと思います。

目標を明確にしておく

何をするにしても目的というのがあると思いますが、ただがむしゃらに始めても良い事ありません。

まず、チームとして何を目標に動くかというのをはっきりと決めておいた方が良いです。

チームとしてスタートすると途中で何を目標に頑張っているのかわからなくなってくる事が多々あります。

そんな時に、最初に決めた目標がしっかりと定まっていれば大きくぶれる事もありませんし、トラブルも少なくなります。

そして、目標が定まっていないとモチベーションが低下してしまいます。

しっかりと目標を設定しましょう。

まとめ

今回、バスケットボールを例にチームでの役割の大切さや意味を書きましたが、どうでしたでしょうか?

スポーツだけでなく仕事でもチームとして動く事があるかと思います。

そんな時はしっかりと役割を決めて、チームがどういう風に機能するのがベストかを考えていかないといけません。

そして、大切な事はチームとしての自分の役割をしっかりと理解する事です。

あれもこれもやってしまうと逆効果なので、自分でできる事を精一杯やりましょう。

それがチームとしてやる意味に繋がってくるかと思います。

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネットショップを開くなら「BASE」!




ネットショップを始めたい人におすすめ!テンプレート多数!

CM放送中!おすすめのWebサービス!




おすすめ過ぎるWebサービス!スキルの売買が楽しい!

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る