ブログ運営でのCTAとLPについてのポイントを知っておこう


スクリーンショット 2015-11-08 9.57.20

ブログ運営をしている人で「CTAと「LPを知っている人はどれくらいいるのでしょう?

私は1年と半年くらいブログをやってきましたが、まーーったく知りませんでした。

 

そんなの知ってるよ!」という人は、さすがです。

なにそれ?」という人は、知っておいた方がブログ運営で役立つかもしれませんよ。

今日は『CTA』と『LP』について解説していこうかと思います。

 

なぜ、今回『CTA』と『LP』について書こうかと思ったかというと、先日新しくブログを始めました。

ワークアウト飯

 

このブログは、「Xeory Extension」というテーマで作っています。

その中で、『CTA』と『LP』というコンテンツがあるのですが、その時に知りました。

へぇーCTAとLPってそういう事なんだー

 

マーケティング用語ですが、Webサイトでは重要な事なので、知っておいた方がいいかと思います。

SPONSORED LINK

CTAとLPについて

CTAとは?

CTAとは、『Call To Action』の略で「行動喚起」と訳されます。

Webサイトで、訪問者に取ってもらいたい行動を促すことをいい、多くの場合はボタンやリンクで誘導する事が多いです。

 

確かに、Webサイトなどで記事の最後にボタンやリンクが貼られているのをよく見かけますが、そういう事だったんですね。

これはブログ運営にも大切なことで、CTAをうまく活用することで収益の増加も見込めます。

LPとは?

LPとは、『Landing Page』の略で、「Landing」は上陸という意味です。

Webサイトでは、ユーザーがリンクで訪問した際に最初に表示されるページのことを言います。

 

例えば、「ダイエット サプリメント」などでユーザーが検索した際にリンク先が全く関係のないページだとすぐに離脱してしまいます。

逆に、適切なLPだとそこから商品の成約に繋がる可能性も高まります。

ブログ運営でのCTAとLPについて

ブログ運営をしている人で、収益化を目指している人もたくさんいるかと思います。

実際に、『Google Adsense』や『ASP広告』を使っている人も多いでしょう。

 

広告を掲載しているのなら、効果的に使わなければ意味がありません。

その為に、『CTA』と『LP』の考え方が重要となってきます。

 

読者がわかりやすい、LPとCTAを作ることをオススメします。

LPの最後に、読者に取ってもらいたい行動を促すCTAを作ります。

私の場合、トレーニングのブログをしているので最後にオススメのトレーニング用品のECサイトへの誘導を促しました。

ネットショップ運営をしている人なら、ブログに商品の紹介ページへ来てもらえるようにCTAを作ったりします。

 

ブログ運営をしていて、なんらかの目的があってやっている人ならLPを作るべきです。

 

LPとCTAの作り方は難しいですが、バズ部さんがまとめてくれているのでそちらを参考にしてみて下さい。

【参考】私が数字の出るランディングページを作るために徹底している7つの事

まとめ

ブログ運営は記事の作成以外にも、色々と工夫していかなければいけません。

一つ一つの作業は小さいですが、他のブログと差別化するには小さい作業を如何に積み重ねていけるかだと思います。

 

是非、CTAとLPをうまくブログに活用してみて下さい♫

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る