ブログの過去記事を編集してアクセスアップを狙う5つの手順


full (10)

ブログの過去記事をSEO対策して、アクセスアップを狙う手順!

ブログでの記事のタイトルや見出しの使い方って大事だというのはわかるのですが、具体的にどうしたらよいかわからない。

そんな時は検索ワードからの流入を元に過去記事のタイトルや見出しを編纂するとよいかもしれません。

わたしがやっている具体的なブログの過去記事を編集する方法を紹介していきたいと思います。

 

記事をSEO対策として検索流入の見込めるタイトルや見出しを付けるのですが、過去記事を編纂するという事も重要です。

 

もう記事が世に出ているのでどの程度ヒットするのかというのかわかっていると思うので、検索流入の見込める記事を増やしていくと必然的にページビューも増えていくと思います。

という事で、過去記事をSEO対策していく手順を紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

まずは、ある程度検索流入が見込めている過去記事を探す

少数でもいいので検索から訪れる記事をピックアップして、どの記事をSEO対策していくのかを決めます。

例えば、「iPhone6 テザリング」というワードである程度の検索流入が見込めているとします。

まずは、その記事をピックアップしてSEO対策をしていきます。

全く検索から流入がない記事は少し厳しいので、厳選してSEO対策していきましょう。

 

ピックアップした記事のワードを検索してみる

SEO対策としてピックアップした記事の検索ワードをGoogleなどで検索してみます。

先ほどの例なら「iPhone6 テザリング」です。

検索してみるとこんな感じになりました・・・

スクリーンショット 2015-01-29 22.27.22

これは「iPhone6 テザリング」というワードで検索している人がその他のワードを複合させて検索しているという意味です。

「iPhone6 テザリング」というワードからの検索流入が厳しくても、以上の複合ワードを使っていけば検索流入を増やしていけるかもしれません。

という事で、「iPhone6 テザリング」というワードに加えて・・

 

  1. softbank
  2. docomo
  3. 料金
  4. つながらない
  5. simフリー

というワードを過去記事のタイトル・見出し・本文に挿入していきます

 

ブログの過去記事のタイトル・見出し・本文を編集する

先ほどの検索して出てきたワードを元に過去記事のタイトル・見出し・本文を編集していきます。

特にタイトルは重要なのでヒットして欲しいワードを複合させていくといいかもしれません。

 

そして、その他のワードをうまく見出しに追加していきます。

 

  1. タイトルにヒットして欲しいワードを入れていく
  2. 見出しに検索して出てきたワードを組み込んでいく
  3. 本文に関連のあるワードを多用していく

以上の事をわたしは意識してSEO対策をしています。

 

ブログ過去記事のSEO対策は根気が必要!

正直、今まで書いた記事を編集していくのは疲れます。

新しい記事を書く時はある程度楽しいかもしれませんが、過去記事の編集は根気が必要です!

しかし、SEO対策というのは一朝一夕では成果が上がってこないので、根気強くするしかありません。

そんな時にSEO対策をする為の手順を決めておき、事務作業よろしくばりばりやっていければ一番いいですね。

 

過去記事の編集と同時に文字数や画像も増やしてみる

文字数や画像もSEOの評価には含まれますので文字数の少ない記事や画像が少ない記事は手直しをした方がよいかもしれません。

特にハウツー記事などは文字数や画像がある程度使われていて、説明も多いといいかなと思います。

 

まとめ

SEO対策というと具体的に何をしたら良いかわからない人でも、少しずつSEO対策について勉強していけば自分のサイト・ブログの検索流入数を増やしていくことができます。

ブログの記事更新や過去記事の編集などは根気が必要となってくるので、なかなか難しいものです。

ある程度記事数(100記事以上)が貯まってきたら過去記事の編集をしていった方がSEO対策になるので是非、取り組んでみましょう!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る