稼げないブロガーへ送る「稼げないブログ」はどういうものなのか解説!


full (3)

世間ではブログのアクセスアップや収益化など様々な稼げるブログサイトの作り方が述べられています。

果たしてそれでいいのか。

稼げるようになれればそれでいいのか・・・

 

そんな疑問に応えるべく「稼げないブログの作り方」を述べていきたいと思う。

これを読み終えた後には自ずと結論が出ている事でしょう。

SPONSORED LINK

稼げないブログの作り方

その1 ブログを更新しない

fj03q@4gjq0e

これは言わずもがなブログを更新しないと稼げないし、アクセスも上がらないんですよ。

更新しないブログなんてただの空き地と一緒です。

空き地にだれも用事なんてありませんよ。

 

せめて、田んぼにするとか駐車場にするとか色々方法があるでしょうよ。

ブログとは更新してなんぼなところもあるので、稼ぎたくない人は手っ取り早くブログの更新をやめましょう。

家でお菓子を食べながらテレビを見ている方が時間を有効に使えますよ。

その2 ブログが見られない

fj03hfae9r0hg

そもそものブログが見られない状態・・・

このウェブページにアクセスできません

これは完全に稼げません。

 

アクセスもクソもありません。

これくらい開き直ってブログを閉鎖すればパーフェクトでしょう。

その3 ブログのテーマがばらばら

jf0q3jg0@ajgh

ブログは何かとテーマ・テーマと言われます。

ロッキーのテーマがあるようにブログにもテーマが必要なようです。

なので、稼げないブログを作るにはテーマは適当に。

 

例えるなら、花屋で生肉を売るくらいの勢いで我が道を進みましょう。

そのうち固定客が来るかも来ないかも。

その4 広告は貼らない

fq340@gqjre@0

そもそも稼ぐなら広告を使ったりするのが一番手っ取り早いのですが、それはしません。

稼げたら困りますから。

アクセスを集めて自社商品を売るなんて真似もしません。

稼げたら困りますから。

 

自分でセミナーを開いてブログ経由でお金を稼ぐなんて真似もしません。

稼げたら困りますから。

逆に稼げない方が難しいような気もしますか?

稼げない=かっこいい

その5 SEOやらSNSやらややこしい事はしない

fj30qj4gr0@q49j@

SEOしたら負けかなと思ってる

それくらいの意気込みがないと稼げないブログを目指してはいけません。

やれSEOだ、やれSNSだと生きにくい世の中です。

 

そんな類いのワードを忘れて、一日中家でごろごろしましょう。

あなたがごろごろしている間に他の人はブログで収益を上げている内にごろごろしましょう。

それもまた道楽です。

その6 過去記事の編集なんてもってのほか

034qj9gq0aer

あなたがもし過去の記事を編集してSEO対策をしようとしているならもってのほかです。

そんな事をしてしまうと、検索上位になる➡アクセスアップ➡収益が上がる➡稼げる

こんな感じになってしまうかもしれません。

 

絶対に過去記事を編集したりしてSEO対策してはいけません。

ダチョウ倶楽部も「押すなよ!絶対に押すなよ!」と言っていますが、結局押してしまいます。

あそこで押さない勇気も必要だと思うんです。

その7 広告の位置とか気にしない

094jf@0er@p3

仮に、たまたま、万が一広告を使うような事があっても広告の位置など気にしてはいけません。

Googleアドセンスは一つのページに基本的に3つまでしか使えませんが、構わず1200こくらい広告を貼ってページを埋め尽くしてやりましょう。

それが稼げないブログというイバラの道を進む覚悟です。

 

また、ASPで提携している広告なんかもひたすらダイエットの広告を使って満足しておきましょう。

広告の最適化なんていうのは考えるだけ無駄です。

必要ありません。

まとめ

これくらいで「稼げないブログ」の作り方を終えておきます。

基本的にブログを更新しないのが一番良い方法ですね。

ブログを塩漬けにして、放置しておきましょう。

 

万が一、稼げるブログを作りたいなーと思った時は反面教師にして以上の事をしなければ稼げるかもしれません。

もしくは稼げる確率が上がるかもしれませんよ。

 

それでは良いブログライフを♫


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る