ブログは文系の方が向いているのか?理系の方が向いているのか?


ブログ 文系 理系

ブログをやるのって文系が向いてるの?理系が向いてるの?

 

そんな疑問が出てきまして、文系ブロガーのわたしとしては、理系ブロガーに強い羨望の眼差しと期待と嫉妬とライバル心とその他よくわからない感情があるんですよね。

 

文章を書くのは文系が得意そうだし、理系はパソコンが得意そうだし・・・

そういうわけで、ブログをやるのってどっちが向いているのか?という疑問に立ち向かおう。

 

朝ごはんはパン派なのか、ごはん派なのか」並みに難しそうですが、果たして!?

SPONSORED LINK

ブログは文系が向いているのか?

文系ブロガーのわたしが言うのもあれですけど、ブログって「文章を書く」が大事じゃないですか。

そう考えると、文学部とかめっちゃブログに向いていそうな気がしません?

 

文章を書くのは頭でイメージしていることをうまく文字に書き起こさないといけないので、小学校から作文が得意な人とか向いてるでしょ。おそらく。

ブログって言ってもいろんなタイプのブログがありますけど、内容が薄い記事なんて意味がないので、向いている向いていないで考えると、文章がうまく書けるのってかなり大事なんですよね。

 

加えて、ブログってインプットも大事で「本を読む」というのもブログ運営では必須。文系は本をたくさん読むので、ブログには向いている感が強まってきましたね。

 

そもそも文系の学部が多すぎて何とも言えない・・・しかし、この問題に向き合わないといけない。

そこで・・・

ヤフー知恵袋に頼ってみた

理系の人の特徴・文系の人の特徴をおしえてください

 

これは人によって随分差があるようですね。
ですから一般的な傾向を箇条書きにして見ます。
当てはまるもの当てはまらないものがあると思いますが。

理科系の人

1.文章を書くのが苦手。
メールしたりチャットしても日本語になってないようなのがたまにあります。

2.漢字が弱い。
誤字や脱字が結構多いかも。

3.企画書や報告書を上手にまとめて説明するのが下手。

4.人との付き合いやジョークを言うのが不得意。
クソ真面目で堅物が多いと感じます。

5.パソコンや機械に向かってコツコツと仕事をするのは向いている。

6.数字が得意で理路整然と考える人が多い。

7.酒好きで黙々と飲むタイプが多い。

8.気の利いた言葉が言えず異性を口説くのが苦手。
会社ではお世辞が言えないタイプですね。

文科系の人

1.文章の読み書きを苦にしない。

2.機械音痴、数字やコンピュータと聞いただけで逃げる。

3.社交上手でカラオケや冗談が好き。
理科系のエンターテーナーは見た事がないですね。

4.お喋りで口先だけの人が多い。
会社で上司などにお世辞を言うのも文科系が多い。

5.マナーや常識に縛られ、一般論や奇麗事を言う。
これは、人に嫌われたくないからでしょう。

6.「聞いた聞いてない」「言った言わない」の水掛け論が好き。

7.約束を守らずに言い訳が多く愚痴るタイプが多い。

8.企画力がありレポートを奇麗にまとめて報告できる。

いかがでしょうか?

引用:Yahoo!知恵袋

ちょうどいい質問があったじゃないか。これをもとに文系と理系どちらが向いているのかを検討していこう。

理系の人の特徴をブログ運営目線で評価

ブログ 文系 理系

文章を書くのが苦手

メールしたりチャットしても日本語になってないようなのがたまにあります。

文章を書くのが苦手というのは、ブログをするのに明らかに向いていない。これは間違いない。日本語になっていないって言いすぎw

漢字が弱い

誤字や脱字が結構多いかも。

これはそこまで関係ないような気もしますね。漢字なんてパソコンで簡単に変換できますし。語彙力はどうかわかりませんが。

企画書や報告書を上手にまとめて説明するのが下手

これは難しいですね。頭でイメージしていることを上手にまとめるというのは大事だとは思う。うまく文章にできるかはまた別な問題な気もするので保留。

人との付き合いやジョークを言うのが不得意

これはリアルでは当たっているのかな。ただ、理系のネットでのジョークに文系は敵わないと思うな。めちゃくちゃ面白い返しとかたぶん理系の人でしょう。たぶんね。

パソコンや機械に向かってコツコツと仕事をするのは向いている

ブログを書くのはほとんどの場合、パソコンなのでこれは理系の人が有利という感じですね。

ブログ=コツコツ作業ができるか、というところはあるのでこれは重要。

数字が得意で理路整然と考える人が多い

数字が得意なのは理系の特徴。ブログはただ文章を書いているだけと思われがちですが、アクセス解析ツールなどとにらめっこする時間も結構あります。そういった数字に向き合える理系は有利。

酒好きで黙々と飲むタイプが多い

なんとなくわかる気もする。

気の利いた言葉が言えず異性を口説くのが苦手

ノーコメント。

文系の人の特徴をブログ運営目線で評価

ブログ ライオン

文章の読み書きを苦にしない

文章を書くのってやっぱり向き・不向きがあるので文系の人の方が向いているのか?

機械音痴、数字やコンピュータと聞いただけで逃げる

確かに文系の人にはパソコン触るのが嫌いな人がけっこういる気がする。パソコン嫌いはブログ向いていないのは間違いない。

社交上手でカラオケや冗談が好き

文系の方が社交上手というか、文系の人の仕事の大半は営業なのでコミュニケーション力がないと営業の仕事はできない模様。

お喋りで口先だけの人が多い

会社で上司などにお世辞を言うのも文科系が多い

ブログ運営で考えると、なんだかんだブログをやめてしまうのはこういったタイプかも。ブログを続けるのは口は関係ないですからね・・・。口より手を動かさないとダメな模様。

マナーや常識に縛られ一般論や奇麗事を言う

常識を疑え!的なことでしょう。リアルとネットの世界は違うので、ネットでは真価を発揮している人もたくさんいるはず。

「聞いた聞いてない」「言った言わない」の水掛け論が好き

これはよくわからない。文系ってそんな人多いのかな。ブログをするならうまく記事に起こせそうな気もしそう?

約束を守らずに言い訳が多く愚痴るタイプが多い

約束は守りましょう!ブログも記事を書くと決めたら書きましょう!

企画力がありレポートを奇麗にまとめて報告できる

これは文系の方が向いているのでしょう。企画力はブログでも必要。

文系・理系の特徴をまとめてみる

ブログ 猫

文系がブログに向いている点

  1. 文章を書くのに抵抗が少ない
  2. 企画力がありうまく文章にまとめられる
  3. 社交性があり、それに関する記事も書けそう

文系がブログに向いていない点

  1. パソコンや数字に抵抗がある
  2. 言い訳が多く、なんだかんだブログをやらない
  3. 口先だけでブログを書かない

理系がブログに向いている点

  1. パソコンに抵抗がなく、コツコツと作業ができる
  2. 数字が得意で、ブログの分析向き
  3. ネットではジョークが冴えている

理系がブログに向いていない点

  1. 文章を書くのが苦手
  2. 漢字が弱い
  3. 企画をまとめるのが下手

だいたいこんな感じ。なんじゃこりゃというのもあるけども、それは仕方がない。いや、申し訳ない。

これを見る限り・・・

 

どっちもどっちw

 

文系でも理系でもブログに向いてる面も向いていない面も、大いにあるということ。

一応、わたしの意見としては「理系の方がブログに向いてる」と思います。

一番の理由は、『パソコンが好きな人が多い』ということかな。

 

今のところ、ブログを書くにはパソコンが主流なのでパソコンが好きなのは必須なんですよね。

タイピングもしないといけないし。

 

長々と書きましたが、文系ブロガーのわたしは「ブログをするのが好き」なので、今もやっております。

けっこうパソコンが好きな文系だと自分で思ったり。

 

そんなわけで、一番言いたいのは「朝はパン派」なんです。

今後もよろしくお願いします。しらい(@kimamani150)でした!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネットショップを開くなら「BASE」!




ネットショップを始めたい人におすすめ!テンプレート多数!

CM放送中!おすすめのWebサービス!




おすすめ過ぎるWebサービス!スキルの売買が楽しい!

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る