広島から別府を目指す!松山城・道後温泉に立ち寄ったよ!


SPONSORED LINK

松山城を行く

無事に愛媛入りを果たして一路、松山を目指してひた走ります。

着込んでいるとはいえかなり寒くて泣きそうになりながら、ちょっと泣いていたかもしれません。

そして、松山市内に松山城があるので行ってみる事にしました。

 

愛媛県の県庁所在地である松山市に松山城はあります。

松山市駅や県庁からもかなり近くてびっくりしました。

IMG_3868.JPG

写真を見ればわかりますが、松山城は本丸・二之丸・三之丸となっており、今は三之丸は広場の様になっていました。

ほぼ山一つが松山城の全体像になっていて、見学するには山を登っていく感じです。

 

結構、急な斜面で疲れました・・・後々ロープウェーがある事を知るんですけどね。

まずは、二之丸に行きます。

松山城二之丸史跡庭園〜恋人の聖地

今の二之丸は庭園を見学するかたちになっていて、綺麗な秋の庭園を見学することができました。

こちらは入園料100円とお安くなっています。

image

恋人の聖地」と言われているのは知る人ぞ知る!

その割に観光客はある程度いましたが、カップルがこぞって行くような感じではありませんでした。

 

恋人の聖地へは気兼ねなく行きましょう。

わたしが一人で行ったので大丈夫です(保障はしません)

image

この様な茶室があって団体で借りられて、茶会をする事ができるようです。

綺麗な庭園を見ながら茶会をするなんて、趣があっていいですね。

この日も何件か予約が入っていました。

IMG_3864

庭園はこんな感じで、色々な木々が植えられていました。

わたしが行った時にはちょうど、着物と袴を着た人たちが撮影をしていました。

 

たぶん前撮りの撮影ですかね?

さすが恋人の聖地・・・

そして、さらっと二之丸の見学を終えて本丸を目指します。

と言っても、二之丸からはかなりの急な坂で休憩しながらです。

松山城本丸を行く

本丸までは地図を見てもらったらわかる通り、簡単には行けません。

歩いていて思ったのは、こんな山の中にあって岩壁も高くあって、攻め入ることは出来るんだろうかという事です。

松山城は復元しているとはいえ、昔の人たちのすごさというのを知りました。

IMG_3870

IMG_3871IMG_3874IMG_3877IMG_3880IMG_3883IMG_3888

本丸の観覧料は大人510円となっています。

壮大な松山城の中に入れて、松山市内を一望できるのでできれば行ってもらいたい場所のひとつでもあります。

季節によっても様々なイベントをやっているので、松山城にまた行ってきたくなりました。

 

なかなか登ったりして疲れたので、道後温泉が近くにあるので行くことに。

こうやって行動をすぐにできるのがツーリングのいいところの一つでもあります。

電車・バスだとそうもいきませんので・・・

IMG_3891

ちなみにバスのような電車?はこんな感じで町中を走っています。

東京や大阪にはあまり無い風景なので、こういった風景を見られるのもいいですね。

道後温泉を行く

道後温泉

道後温泉本館は宮崎駿の映画『千と千尋の神隠し』の「油屋」のモデルになったともいわれています。

伝統のある温泉でここもまた行ってみたかった場所の一つでもあります。

【参考】千と千尋の神隠し、舞台になった神秘的な温泉旅館まとめ

 

中にはいわゆる紋紋をつけた人もいて、まじまじと見てしまいました。

普通の温泉や銭湯では入られませんもんね。

道後温泉は本当に短い時間しか滞在できませんでしたが、温泉街として栄えていて道後温泉駅からの商店街も色んなお店があってよかったです。

ゆっくりと休養したい人には、道後温泉は本当におすすめです。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る