阿蘇山の雲海は正しく絶景だった!人生で一度は行ってみたい場所です!


IMG_3952

SPONSORED LINK

阿蘇山の雲海は正しく絶景だった!人生で一度は行ってみたい場所です!

ツーリングをするにあたって、最終目的地を決めることにしました。

そして、悩んだ挙げ句、阿蘇山の日の出と雲海を見に行こうと決めました。

熊本県阿蘇山から望む、絶景の日の出と雲海

ツーリングの旅の目的である”阿蘇山の日の出と雲海”を見るべく、ようやく阿蘇山に向け出発することになる。

 

<神戸→熊本阿蘇山のツーリング旅>

【ノマドツーリング】神戸から九州までバイクでツーリング

【ノマドツーリング】1日目は広島県のビジネスホテルに滞在!福山市編

【ノマドツーリング】二日目は広島から九州の別府を目指します!しまなみ海道編

【ノマドツーリング】二日目は広島から九州の別府を目指します!松山城・道後温泉編

【ノマドツーリング】二日目は広島から九州の別府を目指します!四国→九州フェリー編

【ノマドツーリング】二日目は広島から九州の別府を目指します!別府編

 

長々と書いてきましたが、ようやく最終目的地である阿蘇山を早朝に起きて目指します。

別府ゲストハウスを4時半に出発し、まだ真っ暗な中阿蘇山の日の出に間に合うようにバイクを走らせます。

IMG_4071

経路はこんな感じです。

ほとんど山道でしたが、真っ暗だった為途中の景色はほとんどわからず!

阿蘇山までの道のりも楽しみたかったのですが、それは仕方がないという事で・・・

雲海とは?

ここで雲海について話しておくと、雲海とは山の頂上部などの高いところから見下ろすと雲が海のように見えることを指します。

山間部では霧が海のように見えることですかね。

阿蘇山の雲海を日の出と共に見る”絶景”を目指したわけです。

 

日の出は事前に調べたところによると、11月で6時〜7時の間だったので別府はかなり早朝に出ました。

朝方はかなり冷え込んでいて、バイクを泣きそうになりながら走らせていましたが、実際には半泣きでした・・・

一回のPAでの小休憩と、ガソリンの補充をしたくらいで後はひたすら阿蘇山に向けてひた走ります。

 

そして、無事迷う事もなく阿蘇山の”大観峰”という展望台に到着します!

到着したときは結構明るくなってきていましたが、ぎりぎり日の出には間に合って日の出と雲海に望みます。
IMG_3909

阿蘇山の雲海と共に日の出を見る!

阿蘇山の雲海と共に、日の出が始まります・・・

日の出を見るなんて何年ぶりかわからないくらいですが、正しく絶景以外のなにものでもありませんでした。

すごい・・・

IMG_3925

大観峰は阿蘇山の展望台で有名で、雲海も見られる絶好のポイントでした。

売店などもあるようですが、早朝はゲートが閉まっていて途中までしか車やバイクは入られません。

わたしが大観峰に着いた時も多くの観光客がいて(流石に車が大半でバイクはあまりいませんでした)、絶景を写真に納めていましたよ。

 

もう少し上の展望台までは歩いていかなければならないので、誰も行っていませんでした。

地元の人だからいつでも来られるからですかね?

しかし、私は一生に一度来るか来ないかというくらいなので、上まで歩いていきました。

すると・・・

 

かなりの絶景が待っていましたよ!!

これは絶対上まで歩いていくべきです!!

阿蘇山の雲海は格別!!

IMG_3969

この日は天気も良く日の出と雲海を見るには、絶好のタイミングでした。

前日の夕方に雨が降っているとさらに雲海が広がるらしいですが、これでも十分絶景でしたよ。

バイクを走らせて阿蘇山まで来た甲斐がありました!

IMG_3950

日の出と雲海の組み合わせも最高でした。

特に日の出の美しさと神々しい風景が重なり、感動して写真取り過ぎました!

IMG_3965

阿蘇山の山並みと雲海も素晴らしいですね。

阿蘇山ならではの山の風景が大好きになりましたね。

IMG_3945

日の出の美しいこと!

これは人生で一度は行ってみたいところです、マジで。

IMG_3987

ということで、阿蘇山の大観峰は最高の場所でした。

広大な山並みと雲海、そして日の出を見られてはるばる神戸から来てよかったなー思いましたね。

IMG_3994

そして、最後に雲海をバックに883をパシャり!

よく頑張ってくれました・・・

ありがとう!

阿蘇山の雲海と日の出〜まとめ

熊本に行かれる際は是非、阿蘇山の雲海と日の出を!

絶景ですよ!

バイカーにもオススメです。

今回は完璧な雲海とまではいきませんでしたが、それでも絶景を見られて本当にいい経験ができました。

自分の中で何かが変わった気がします。

こういった経験を数多くしていきたいものですね。

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る