九州ツーリングの旅もいよいよフィナーレ!新門司からフェリーで帰ります!


IMG_4005

SPONSORED LINK

ノマドツーリングも最終日!九州をぐるっとバイクで走ります!

阿蘇山の日の出と雲海を見終わり、阿蘇山の大自然を満喫しつつ最終日を迎えます。

阿蘇山の雲海は正しく”絶景”だった!人生で一度は行ってみたい場所

 

阿蘇山を後にして、夜には北九州市の新門司からフェリーで神戸に帰らなければならないので新門司を目指して走ります。

新門司から神戸までは、阪九フェリーというフェリーがあります。

所要時間は約10時間で、寝て起きれば神戸には着いているという楽チンなフェリーです。

IMG_4007

霧がまだ残っている山道をバイクで走ります。

写真では寒くなさそうに見えますが、実際はかなり寒かったです・・・

しかし、山道をバイクで走っている時は爽快ですよ!

IMG_4010

そして、ブラブラ寄り道をしながら新門司を目指します。

高速道路のSAでお土産を買ったりしながらですが、やはりかなり時間が掛かりました・・

IMG_4074

経路はこんな感じで走りました。

九州は大分の別府に入り、熊本県の阿蘇山、佐賀県のPAでお土産を買い、福岡県でフェリーに乗る・・・

そうなんです、福岡県はほとんど観光できず。

また次の機会に行ってみたいですね。

 

途中、「日田の天領水」で有名な日田で温泉に入ったりしながら目指しました。

GoogleMapsで経路を計算すると、2時間50分でしたが実際は倍以上掛かりました(笑)

阿蘇山を見終えてからはほとんどバイクで走っていたので、観光はあまりできませんでしたが九州の道を走れて満足です。

そうこうして、夜には新門司へ着きフェリーへ乗り込みます。

 

さようなら、九州・・・

 

IMG_4012

なぜか竜宮城みたいなフェリー乗り場。

 

新門司から神戸(六甲アイランド)、大阪(泉大津)を繋いでいる阪九フェリー。

【参考】阪九フェリー

では、阪九フェリーの紹介をしましょう!

IMG_4013

大広間はこんな感じでいくつかあります。

そして、意外と寝やすかったです。

というのも、一番乗りで部屋に入って、結局わたしともう一人男性がいたくらいでした。

他の部屋は団体で集まっている印象でしたね。

土曜日の晩に乗ったのですが、そんな感じなのですかね?

IMG_4014

トイレはこんな感じ。

綺麗でも無く、汚いでもなく普通のトイレでした。

IMG_4015

フェリーでのお楽しみ、ゲームルーム。

昔に流行ったゲームなんかがおいていて、ちょっとしてみたくなりました。

IMG_4016

マッサージルームもあり、ゆっくりくつろげそうでしたよ!

IMG_4017 IMG_4018 IMG_4019

そして、船内のレストランはこんな感じでした。

基本的に値段はかなり高めに設定されています。

わたしは、お寿司とみそ汁、ごはんと明太子という、分けのわからないメニューにしてみました。

お値段なんと・・・1260円!!

IMG_4020

みんなが寝静まった深夜にブログを書くべく、パソコンを立ち上げます。

やっぱり船内のWifiはかなり遅かったです。

iPhoneでテザリングする方が早かったので、そっちで通信していました。

神戸→九州のバイク旅まとめ

今回、神戸から九州を目指しバイクでひた走りましたが、想像以上の楽しさと想像以上の寒さでした。

そうなんです・・・終始、寒さとの戦いでした。

わたしが出発した日から急に冷え込みかなり気温が下がっていました。

日中も気温はそこまで上がらず、バイクに乗るのでかなり着込んではいましたがそれでも寒かったです・・・

 

一日目は山陽自動車道で山口を抜け、九州を目指すつもりでしたが、あまりの寒さに広島で一泊することに。

そして急遽予定を変更し、しまなみ海道を通り、愛媛に入り、フェリーで別府に入ることに。

無事に別府へ入り、ゲストハウスに宿泊し、早朝に阿蘇山へ向けて出発。

何とか阿蘇山の大観峰へ到着し、旅の目的である雲海と日の出を拝みました。

そして、九州を足早(バイク早?)にぐるっと回り新門司から神戸にフェリーで帰ってきました。

 

一人旅だった事と、バイクだった事もあり色んなところを回れたのは本当に良かったと思います。

行き当たりばったりの旅でもうまく行くもんです。

そして、今回の旅で一番役に立ったものと言えば、やっぱり「iPhone」ですね。

  1. フェリーの予約
  2. 宿泊の予約
  3. GoogleMaps
  4. ミュージック
  5. 天気予報

などなど、本当にiPhoneに助けられた旅でもありました。

国内・海外問わずスマホは必需品ですね。

 

次はどこへ行こうかな・・・


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る