Facebookで募金をしてみました!簡単にできるシステムはすごいと思う!


IMG_3826.PNG

Facebookで募金をしてみました!簡単にできるシステムはすごいと思う!

Facebookから募金ができるという事で、アプリ上から募金をしました。

募金というとコンビニくらいでしかする事がなかったのですが、簡単に募金ができることに驚きました。

SPONSORED LINK

Facebookでエボラ出血熱の寄付をする

Facebookでエボラ出血熱に関して募金をする事ができるので早速してみました。

普段、コンビニでつり銭を募金箱に入れたりする善良な市民のわたしですが、街頭で募金をしているのはどうも怪しくてしていませんでした。

 

なぜかというと、イマイチ何に関する募金なのかがわからないという事があります。

わたしが無関心で無知だったりするわけですが、大抵の人ってそんな感じじゃないのかなと思ったりするわけです。

歩いていて、「〜の募金をして下さい」と言われても募金をするのは恥ずかしかったり、面倒だったりするわけです。

そんな人(募金はしてみたいけど、正直面倒くさい人)はFacebookで募金してみては?

募金をする団体を選ぶ

Facebookでエボラ出血熱に関する募金をするには、団体を選んで募金をします。

  1. International Medical Corps
  2. 国際赤十字・赤新月社連盟
  3. Save the Children

それぞれの団体によって活動が違うので、自分が募金をしてみたい団体を選べばいいと思います。

わたしは「International Medical Corps」というところに募金をしました。

募金する金額を選ぶ

IMG_3827.PNG

募金する金額は、¥1000、¥2500、¥5000、¥10000、その他¥が選べます。

わたしは¥2500という何とも微妙な金額にしてみました。

一回の飲み代が¥2500くらい?という事で、サラリーマンは一回飲みに行くのを我慢して募金してみては?

まとめ

わたしは今回、初めて千円を超える募金をしました。

別に何が何でも募金をしたくなかったというわけではなくて、募金する機会がなかったという一言に尽きます。

 

コンビニでの募金はせいぜいつり銭を入れたりするくらいの募金なので、「募金をしよう!」という事ではなく単純につり銭が邪魔だからといった感じでした。

募金する機会がなかったというと語弊があるのですが、積極的に慈善活動をしたいわけでもなかったので数千円の募金をわざわざする機会がなかったという事です。

 

簡単に募金できるなら、募金してみたいというのが率直な意見です。

FacebookがWebやアプリ上から募金をできるようにしたのは画期的で、UX(ユーザーエクスペリエンス)がすごくいいし、Facebookの信頼性という意味でも素晴らしいと思いました。

この記事を読んで募金をしてみようと思った人はFacebookからしてみては如何でしょうか。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る