兵庫県の読みにくい駅名を20個紹介!


full (22)

今回は他府県の方が兵庫県に遊びに来てくれた時に読めるよう、兵庫県の読みにくい駅名を20個紹介したいと思います。

兵庫県民の私も、「こ、これなんて読むんやっけ?と分からなかったのもあるので、一緒に勉強していきましょう!

1.粟生駅(あお)

存続が危ぶまれている神戸電鉄粟生線の終点駅です。

2.鵯越駅(ひよどりごえ)

こちらは神戸電鉄有馬線です。

標高134メートルの位置に駅があります。

3.石生駅(いそう)

JR福知山線の駅で、駅周辺には日本で一番低い分水界(二つ以上の川の流れを分かつ境界)がある「水分れ公園」があります。

4.猪名寺駅(いなでら)

こちらもJR福知山線の駅です。

NHKで放送されている「忍たま乱太郎」の主人公、猪名寺乱太郎の苗字は、猪名寺の地名から付けられた。

5.余部駅(あまるべ)

JR山陰本線の駅で、余部鉄橋が有名ですよね?

余部鉄橋は隣の鎧駅から余部駅の間にある鉄橋で、初代の旧橋梁は鋼製トレッスル橋で、大変惜しまれながら、2007年3月から付け替え工事が始まり2010年に終了しています。

SPONSORED LINK

6.柏原駅(かいばら)

JR福知山線の駅で、大阪にも同じ地名がありますが「かしわら」と呼びます。

また、滋賀の柏原駅は「かしわばら」と呼びます。

7.香呂駅(こうろ)

JR播但線の駅で、1日の平均利用人数が1600人程ののどかな駅です。

8.御着駅(ごちゃく)

JR山陽本線の駅で、駅周辺には国の史跡指定されている、播磨国の国分寺跡があります。

9.砥堀駅(とほり)

JR播但線の駅で、『播磨国風土記』に、応神天皇が道の雑草を切り払ったときに刃が鈍ったので「砥掘り来(とほりこ、砥石を掘って持って来い)」と言ったことによるという。

10.仁豊野駅(にぶの)

こちらもJR播但線の駅で、姫路セントラルパークの最寄り駅です。

バスでさらに移動が必要ですが本数がかなり少ないので、タクシーで向かったほうが速く着きます。

11.播磨徳久駅(はりまとくさ)

JR姫新線の駅で、なんと1日の駅の利用人数が平均120人前後とかなり少ないので、皆さん是非播磨徳久駅に遊びに来てくださいね。

12.比延駅(ひえ)

JR加古川線の駅で、この駅のお手洗いは男女共用のくみ取りトイレ(通称ボットン便所)です。

見たことのない方、また懐かしいなぁと感じた方は是非比延駅へ。

13.東觜崎駅(ひがしはしさき)

JR姫新線の駅で、駅から徒歩10分の所には名産品の「揖保乃糸」資料館のそうめんの里があります。

春頃から秋にかけて、揖保の糸をレストランで、そうめん流しで美味しくいただけますので是非。

14.八鹿駅(ようか)

JR山陰線の駅で、養父市の代表的な駅で、この駅から湯村温泉へのバスも出ています。(60分かかります。)

15.板宿駅(いたやど)

神戸市営地下鉄の駅で、よく利用するのでなんとも思いませんでしたが、他府県の方は「いたしゅく?」と呼んでしまうそうです。

神戸市営地下鉄の全駅の中で唯一、駅の壁が木目模様になっているので要チェックです。

16.苅藻駅(かるも)

こちらも神戸市営地下鉄海岸線の駅で、かつては水泳の試合がよく行われた「かるもプール」がありましたが休止ののち閉鎖となってしまいました。

17.雲雀丘花屋敷駅(ひばりがおかはなやしき)

阪急電鉄宝塚本線の駅で、駅の所在地は宝塚市ですが駅の敷地の半分以上は川西市にあります

18.夙川駅(しゅくがわ)

阪急電鉄神戸線の駅で、駅周辺は高級住宅街があります。

春には夙川沿いで学生が新入生歓迎コンパを開くので大変賑わう駅です。

19.伊丹駅(いたみ)

JR福知山線の駅で、伊丹空港乗り入れるバスがあります。

20.三田駅(さんだ)

JR福知山線と神戸電鉄線の駅です。

東京にも同じ漢字の「三田」という地名がありますが、そちらは(みた)と読みます。

アンドロイドは「さんだ」で変換しても出てこなかったのを覚えています。

まとめ

20個ご紹介してきましたが皆さんはいくつ読めましたか?

兵庫県民の私も読めない駅名がいくつかありました。

駅名の元になる地名もいろんなルーツがあります。

田舎の方ですと、結構石碑みたいなものに「この土地の言われみたいなものがよく書いてありますので、今回ご紹介した駅を巡るのもいいですね。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

pocoyo

pocoyo

30代専業主婦。
主に生活やライフスタイルについて記事を書いています。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る