ソフトバンクで7GBも使っていないのに通信が遅い!過去3日間の通信制限には注意!


apple iphone mac

先日、ソフトバンクのiPhone5sを使っていると何故か通信が遅くなりました。

理由も分からず困っていると、どうやら直近3日間の通信容量(1GB)をオーバーしていたみたいです。

というか、そんな制限があったなんて初めて知りました。

という事で、今日は通信制限を食らった経緯と多少の文句を添えてお送りしたいと思います。

直近3日間の通信容量(1GB)について

ソフトバンクでは過去三日間の通信量というのが制限されているようで、1GBを超えると速度が制限されるようです。

普段、iPhoneを使っている場合はそれを超える事はないのですが、その時はたまたまテザリングでパソコンを2台繋ぐ事があったのでそれが原因ですね。

ただ、わたしの認識としては「ひと月の制限7GBを超えなければテザリングをしても大丈夫か!」というものでした。

 

これが間違いだったようですね。

その日はなんだかんだで2GBほど使っていたようで、通信制限が掛かりました。

そして、この直近3日間の通信制限が本当に厄介でした・・・

通常速度に戻す方法がない

どういうことかというと、直近3日間で1GBを使ってしまい通信制限を食らうと通常速度へは追加料金を払って戻そうとしても無理なんです。

まず、直近3日間の通信制限を知らないわたしは色々と試行錯誤してみましたが、無駄だったようですね。

そして、多少の文句はと言うと・・・

 

My Softbankのアプリの「データ通信量の管理」には過去3日間の通信制限なんて書いていない!

わたしは月7GBの制限を超えないようにちょくちょくアプリで確認しているのですが、データ通信量の管理のページには直近3日間の制限なんてどこにも書いてないんです。

少しでも書いていれば今回の通信制限も防げましたが、完全に盲点でした。

というか、通常速度に戻せないような重要な事をなぜ書いていないのか本当に疑問です。

通常速度に戻るまでにはひたすら待つしかない!

自分で通常速度に戻す方法がない以上、ユーザーにとってはひたすら待つしかないというストレス

もし、直近3日間の通信制限を食らってしまったかも!?という人はWeb上からMy Softbankを開いて見てみましょう・・・

  1. My Softbank
  2. 右上にある「メニュー」を開く
  3. 「人気のメニュー」▶︎「ご利用のデータ通信量を確認する」
  4. 「過去3日間の通信量」を確認する

以上の手順であなたの過去3日間の通信量が照会できます。

合計が1GBを超えていれば通信制限を食らっているはずです。

通信制限を食らわない為にはどうすればよいか?

過去3日間で1GBのデータ通信を行わない

これは制限の基準になる期間が3日間なので、3日間の合計が1GBを超えているとアウトです!

さらに、わたしはテザリングで一日で2GB使ってしまったので本当に地獄です!!

 

一日で1GBを超えてしまうと、3日間は通信制限を食らってしまうことになるからです。

なので、自動で通常速度に戻る3日後の午前6時まで待たないといけません。

本当にユーザー泣かせな通信制限ですね。

月7GBの制限を超えない様にする

これはちょくちょくMy Softbankのアプリを見ていれば大丈夫だと思います。

外で動画などを大量に見ない限りそうそう超える事はないはずです。

さらに自宅でWifiなどを併用すればOKです。

まとめ

今回、意図せず通信制限を食らってしまったので悔しくて悔しくて記事を書いてみました。

過去3日間の通信制限」がある事をわたしが知らなかったのが悪いのかもしれませんが、実質テザリングをある程度してしまうと1GBを超えてしまいそうな気がします。

 

そうなるとテザリングが使いにくいですよね。

今後のスマホの使い方に疑問を感じた一件でした。

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ネットショップを開くなら「BASE」!




ネットショップを始めたい人におすすめ!テンプレート多数!

CM放送中!おすすめのWebサービス!




おすすめ過ぎるWebサービス!スキルの売買が楽しい!

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る