iPhoneのSpotlight検索を使えばググるのが早くなるぞ!


https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-07-HIR86_danborukarakaodasu20140614500-thumb-1000xauto-5018

iPhoneのSpotlight検索とは?

簡単に言うと、Spotlight検索とは検索ワードを入れるだけで簡単に探しているアプリや連絡先、はたまたWebサイト・Wikipediaまでたどり着くことのできる機能です。

 

そんなのあるの?と思った方はiPhoneのホーム画面を上から下にスワイプさせてみて下さい。

すると「iPhoneを検索」という項目が出てくると思います。

IMG_4218

これがSpotlight検索というやつです。

そして、具体的には何ができるのかというと・・・

SPONSORED LINK

とにかくググりたい人はSpotlight検索を使おう!

わからない事があるとすぐにググってしまう人(Googleで検索をする人)には、Spotlight検索はかなり便利です。

 

Spotlight検索でiPhoneを検索というところに調べたいワードを入れると、「Webを検索」「Wikipediaを検索」という項目が出てきます。

そのまま「Webを検索」という項目を選択すると、簡単にググれるわけです。

また「Wikipediaを検索」を選択するとわからない言葉などがWikipediaで調べられるのです。

 

なお「Webを検索」する時の検索エンジンは設定Safari検索エンジンからGoogle/Yahoo/Bingを選べるようになっています。

これだけでもすごく便利なのですが、色々とSpotlight検索をカスタマイズしたいなら項目を増やしましょう!

Spotlight検索で出来ること

IMG_4219

Spotlight検索で検索するのは何もWebだけではなく、アプリや連絡先まで色々なものを設定して検索できます。

設定方法はというと・・・

 

  • 設定
  • 一般
  • Spotlight検索

 

ただ項目の全部を入れてしまうとごちゃごちゃになってしまうので、自分の検索できると便利であろう項目を入れるといいと思います。

わたしの場合は・・・「連絡先」と「App」を入れています。

連絡先とアプリを検索できるようにするだけでiPhoneが使いやすくなりますよ。

まとめ

どうしてもiPhoneは機能が豊富な為、ごちゃごちゃになってしまう人も多いと思います。

アプリなどをフォルダに分けて大量に入れている人は探すだけでも大変です。

 

そんな時はSpotlight検索の設定をしておくとスムーズに探すことができます

また、スワイプ一回でググれるのはググラー(こんな呼び方するかは知りませんが)にとっては重宝される機能でしょう。

 

これまではWebを検索だけだったのですが、Wikipediaを検索も出来る様になり益々便利に検索ライフを送れる事間違いなしです。

iPhoneは意外と自分でカスタマイズできるので、ぜひ設定してみましょう!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る