関空で寝ることに!深夜便で帰ってきたときはソファと毛布の争奪戦!


先日、沖縄に行った際に帰りの飛行機が夜中の1時くらいの到着だったので、関空で寝ることになりました。

 

最初から深夜便だったので、関空で一夜を明かすつもりでしたけどね!笑

しかし、そう簡単にはいかないのが人生・・・

SPONSORED LINK

関空で寝るということを体験しました!

IMG_5010

こんな感じでソファーで寝る事にしました。

夜の関空では色んなところで寝ている人がいたのですが、私は3Fのエスカレーターの下で寝床を確保する事に!

事前に深夜便とわかっていたので、情報を収集してみるとサービスカウンターで毛布を貸してくれるようです。

 

そして、那覇空港から関空まで帰ってきて寝床を確保して、毛布を借りにいくのです。

 

至る所で毛布を借りた人が毛布にくるまって寝ていたりするので、いざサービスカウンターへ向かうと・・・

 

 

本日の毛布貸し出しのサービスは終了致しました。

 

・・・・

 

・・・・

 

オーマイガー!!

 

思わず、英語が出ちゃいました。

心の中で。

 

借りようと思っていた毛布は借りられずにソファーで寝る事に・・・

深夜の関空は割と静かなので、寝ようと思えば寝られそうです。

 

そして、ソファーで耳栓をして寝ましたよ。

 

すると、3時か4時くらいに掃除機の音がモーニングコールのように聞こえてくるわけです。

 

ゔゔぉぉぉぉぉーーーーん

 

うるさいやん。

普通に関空の深夜うるさいやん。

と、心の中で叫びました・・・

 

そんなこんなでぐっすりと眠られるわけもなく、関空で一夜を過ごしました。

そして、朝一の神戸行きのバスで、わたし帰りました。

 

結論は「関空で寝るのはあまりおすすめしない」という事です。

よいご旅行を!

 

最大1万円割引のじゃらん海外のクーポンはこちら


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る