神戸市灘区にある「神戸護国神社」に行ったら良い場所でした


神戸護国神社

(狛犬と鳥居が良い佇まいの神戸護国神社)

先日、神戸市灘区に用事(友人の家のリフォーム)があったのですが、近くに神戸護国神社があるので行ってきました。戦没者の慰霊祭壇として設けられた護国神社ですが、神戸人でもそこまで馴染みのない神社で、存在を知りませんでした。

初めて行ってみるととてもいいところで、神社の近くに公園があって子供たちがたくさん遊んでいましたね。神社やお寺って伝統があってそれを調べたりするのが好きなのですが、歴史という一面と地域のコミュニティーとしての面があって、とても良い場所だなーとしみじみ思う。

SPONSORED LINK

神戸護国神社について

神戸護国神社の場所

 

神戸護国神社は神戸市灘区にあります。六甲山の麓といえば麓ですね。付近には、国立大学の神戸大学や女子大があったりします。

そして、某指定暴力団の本部もこの近くです。行ったことはないですが・・・

神戸護国神社の概要

IMG_7765

(神戸護国神社とでっかく書いています)

兵庫縣神戸護國神社(ひょうごけんこうべごこくじんじゃ)は、兵庫県神戸市灘区にある神社(護国神社)である。兵庫県東部(丹波・摂津・淡路(十三市一郡))ゆかりの英霊53,257柱を祀る。

明治以降、兵庫会下山(現 兵庫区会下山町)に祭庭を設けて英霊の招魂祭が行われていたが、昭和16年(1941年)、灘区王子町に社殿を造営し、内務大臣指定護国神社となった。昭和20年(1945年)の戦災で社殿ほかを焼失し、昭和34年(1959年)11月、同区篠原北町の現在地に社殿を復興し、遷座した。第二次大戦後のGHQ占領下は、「護国神社」の名称では軍国主義施設として廃止される虞があるとして、「兵庫御霊神社」と改称していた。独立後は元の社名に復した。

引用:Wikipedia「兵庫縣神戸護国神社」より

神戸護国神社の拝殿で拝んできた

IMG_7768

平日ということもあって拝殿には誰も人がいませんでしたが、賽銭を入れて拝んできました。

境内や近くの公園にはたくさんのこどもたちがいて、かくれんぼしたり、よくわからない遊びをしていたのですが、にぎわっていました。こどもたちが(笑)

わたしはどちらかというと住宅街にあるマンションで育ったので、公園で遊ぶことが多かったのですが、こうやって神社やお寺とかで遊んでみたかったなーと思ったり。

まとめ

IMG_7767

わたしは日本にある城やお寺や神社に行くのがけっこう好きなんですけど、なんで好きなんだろうなーと考えると、「歴史に興味があるから」なんだと思います。

これまで数多くの人間が関わって城やお寺や神社が出来てきました。それぞれにそれぞれの歴史があるわけです。それが現代にも残っていたり、再建したり残されたりしているのって意味があるはずです。そういう歴史を知れるのってすごいと思うんですよね。

 

だから、自分にとってこういった場所をめぐるのは興味のあることでもあるし、ある意味人生の生きがいでもあります。どれくらい人生で訪れることができるかなーみたいな。

そういうわけで、時間を作って色んなところを巡っていきたいですね!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネットショップを開くなら「BASE」!




ネットショップを始めたい人におすすめ!テンプレート多数!

CM放送中!おすすめのWebサービス!




おすすめ過ぎるWebサービス!スキルの売買が楽しい!

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る