日本の旧暦の名称とその語源・由来を知ろう!


a0960_006226_m

NHKで放送されて大人気だったあまちゃんのアメ女が歌っていた暦の上はディセンバー」の歌詞にも「師走は忙しい~」というフレーズがありますよね?

師走ってなんなんでしょう?

実は、師走とは日本の旧暦でいう12月のことなんです。

ここでは日本の旧暦の名称とその語源・由来を解説したいと思います。

日本の旧暦の名称とその語源・由来を知ろう!

SPONSORED LINK

1月ー睦月(むつき)

睦月とは旧暦で正月(1月)のことです。

語源は諸説ありますが、正月ということで親類知人がお互いに行き来し、仲睦まじくする月からとする説が有力です。

2月ー如月(きさらぎ)

如月は旧暦で2月のことで、語源は真冬の寒さで着物を更に重ねて着ることから「着更着(きさらぎ)」とする説が有力です。

他には草木が生え始め月「生更着(きさらぎ)とする説もあります。

3月ー弥生(やよい)

弥生は旧暦で3月のことで、草木がだんだん芽吹いてくる様子「弥生(いやおい)」ー「弥(いや)」は「いよいよ」「ますます」

「生(おい)」は「生い茂る」を表していると言われています。

昔の人も春が待ち遠しかったんですね。

4月ー卯月(うづき)

卯月は旧暦で4月のことで、「う」は一年の循環の最初を意味する「産」「初」を指しているといわれているが、卯の花が咲く季節なので「卯の花月」を略する説が有力とされている。

5月ー皐月(さつき)

皐月は旧暦で5月のことで、耕作を意味する古語、「さ」から稲作の月の月として皐月になった説が有力です。

5月は田植えの季節ですよね。

頑張るぞーと気合いを入れていたんでしょうね。

6月ー水無月(みなづき)

水無月は旧暦で6月のことです。

「水無月」と水のない月と書きますが、水がないわけではなく「無」は「の」にあたる連体助詞の「な」で、つまり「水の月ということになります。

7月ー文月(ふみつき)

文月は旧暦で7月のことで語源は短冊に歌や字を書き、書道の上達を願って七夕の行事を楽しんでいたので、「文披月(ふみひらきつき)」からきたといわれています。

a1370_000224_m

8月ー葉月(はづき)

葉月は旧暦の8月のことで、新暦では9月上旬から10月上旬の秋にあたるため、葉の落ちる月「葉落ち月」から「葉月」となったといわれたり、稲穂が張る月「穂張り月」「張り月」から葉月になった説など、多数あります。

9月ー長月(ながつき)

長月は旧暦の9月のことで、長月の語源も諸説ありますが、新暦の10月上旬から11月上旬にあたり夜がだんだん長くなる「夜長月(よながづき)」になったというものが最も有力な説です。

10月ー神無月(かんなづき)

神無月は旧暦の10月のことで、神を祭る月であることから「神の月」とされました。

(水無月と同じように神無月の無は連体助詞の「な」で「の」の意味になります。)

11月ー霜月(しもつき)

霜月は旧暦の11月のことで、「霜降り月・霜降月(しもふりつき)」の略という説が最も有力です。

12月ー師走(しわす)

師走は旧暦の12月のことで、師走は当て字で正確な語源は不詳です。

しかし、師匠の僧がお経をあげるためにあちこちを馳しる様子を「師馳月(しはす)」とする説が最も有力です。

まとめ

睦月から師走までご説明してきましたが、いかがでしたか?

昔の人はその季節の情景や様子を上手く言葉にしていたんだなと感じました。

日本人として海外の人に旧暦を教えてあげるのもいいかもしれませんね!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

pocoyo

pocoyo

30代専業主婦。
主に生活やライフスタイルについて記事を書いています。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る