革靴の用語を覚えよう!〜革靴の基本の15型編〜


革靴 基本

革靴の基本の15型

一言で革靴といっても、革靴にも色んな形があって、その上フォーマルな場面に適したもの、適さないものなど、大人としての品格を問われる大変重要なもでもあります。

今回は大事な場面で失敗しないように、革靴の基本の形15個をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

ウイングチップ

ウイングチップは革靴のトゥ部分の切り替えがW字型をしており、翼のように見えることからこの名前がつきました。

全体的に飾り穴をあしらっているものが多く、カジュアル感を演出しやすい型です。

Uチップ

UチップはU字型に革靴のアッパーを縫い合わせたデザインで、その形からVチップと呼ばれることもあります。

厚みのあるデザインですので、甲高、幅広の足型にもフィットしやすい型となっています。

ストレートチップ

ストレートチップは、革靴のトゥに横一文字の切り替えが入っており、つま先全体を覆うように革が被せられているデザインです。

フォーマルな場面にも使えます。

モンクストラップ

モンクストラップはシューレースはなく、バックル留めのストラップで足の甲を締めるデザインです。

プレーントゥ・ダービー

プレーントゥ・ダービーは革靴のトゥ部分には切り替えや、飾り穴などのデザインがないもので、外羽根仕様のシンプルなデザインです。

とてもシンプルなデザインですが、実用性もあるので、使い勝手がいいです。

プレーントゥ・Vフロント

プレーントゥ・Vフロントはフルオーダー靴などによく見られる型です。

外羽根仕様の形をV字型に切り替えてあります。

日常的での実用性も高いく、またちょっとしたドレスシーンでも履ける一足です。

ホールカット

ホールカットシューズはヒール部分以外に継ぎ目を作らずに、一枚の革でアッパーを包み込むようにして作り上げています。

綺麗な形に仕上げるには高い技術力が必要とされます。

サイドエラスティック

サイドエラスティックは革靴のアッパーのサイドにゴムをあしらったデザインです。

並べた革帯で隠すようなデザインが一般的になっています。エレガントな印象を与えられる一足です。

プレーントゥ・ギブソン

プレーントゥ・ギブソンは革靴の履き口をバックル留めのストラップで押さえるデザインですが、モンクストラップとは違います。

モンクストラップよりも高級感があり、スーツスタイルによく合います。

オペラパンプス

オペラパンプスはフォーマルな場面で使うエナメル革製の革靴です

ドレスシューズの中でも、最高峰と呼ばれる靴です。

シルクリボンがアクセントとしてあしらわれています。

ローファー

脱ぎ履きがしやすいことから、怠け者という意味のローファーはスリッポンタイプの革靴で、U字のモカステッチが特徴です。

フォーマルな場面には適しません。

サドルシューズ

サドルシューズは革靴の甲部に入った革の切り替えのデザインが、馬の鞍に似ていることから「サドル」と呼ばれています。

様々なバリエーションの革靴を作ることができるのも魅力です。

チャッカブーツ

チャッカブーツはくるぶしまで丈のある外羽仕様のブーツで、どんなスタイルにも合わせることができる、万能な革靴です。

ジョッパーブーツ

ジョッパーブーツは足首、くるぶし、カカトに交差上に巻きつけたストラップを外くるぶしにあるバックル(留め具)で固定させるタイプの革靴です。

サイドゴアブーツ

サイドゴアブーツは足の内側と外側のくるぶし辺りに、伸縮性のあるゴムを配したデザインのアンクル~ショート丈のブーツです。

脱ぎ履きしやすく、フィット感が得やすいです。

まとめ

一口に革靴といっても、アッパーやトゥの形状から様々な名前と、またその場面に適したものそうでないものがあります。

なんとなく革靴を選んでいた方も、少し分かってくると革靴選びがとても楽しくなります。

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

pocoyo

pocoyo

30代専業主婦。
主に生活やライフスタイルについて記事を書いています。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 8月 27日

CAPTCHA


ネットショップを開くなら「BASE」!




ネットショップを始めたい人におすすめ!テンプレート多数!

CM放送中!おすすめのWebサービス!




おすすめ過ぎるWebサービス!スキルの売買が楽しい!

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る