祝儀袋の正しい選び方とは?正しいマナーを身につけよう!


祝儀袋 選び方

祝儀袋の選び方

家族や、上司、会社の同僚、大切な友人の結婚式に招待された時、お祝いの気持ちを表す手段の一つがお祝儀です。

でも、まさか、お金をそのまま手渡すワケにはいきませんよね?

包む」という日本ならではの文化で相手に失礼のない祝儀袋の選び方をここでは紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

祝儀袋「のし」と「水引」の意味

結婚のお祝いを包む時は祝儀袋の右肩に祝い事に縁起のいい「のし」がついたものを選ぶのが好ましいでしょう。

祝儀袋にかける「水引」は一般のお祝い事で5本ですが、結婚祝いは慶び事が重なるように10本が正式なものとなります。

結び方は一度結んだらほどけない「結び切り」を選ぶのが一般的です。

包む金額に合わせて選ぶ祝儀袋

祝儀袋は包む金額によって使い分けます。

包む金額と祝儀袋がバラバラにならないように気をつけましょう。

1~2万円程度の場合

水銀の水引をあわび結び(貝のあわびに模したもの)にしたものを選びます。

水引5本は一般祝いなのでNGです。

2~3万円程度の場合

金銀の水引に装飾の加わったものを選びます。

また、親しい友人や後輩などに渡す場合は、可愛らしいデザインの施されたカジュアルな祝儀袋でもいいでしょう。

5万円程度の場合

水引に豪華な装飾が加わり、高級な和紙を使用したタイプのものがいいでしょう。

表面に波状のしぼのある檀紙(だんし)のある祝儀袋は格が高いとされています。

 

まとめ

家族や、上司、会社の同僚、大切な友人の新たな門出となる日を祝福する手段の一つが祝儀袋です。

社会に出て冠婚葬祭のマナーを知らないと恥をかく事になるので、正しいマナーで相手に失礼のないようにしたいですね!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

pocoyo

pocoyo

30代専業主婦。
主に生活やライフスタイルについて記事を書いています。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネットショップを開くなら「BASE」!




ネットショップを始めたい人におすすめ!テンプレート多数!

CM放送中!おすすめのWebサービス!




おすすめ過ぎるWebサービス!スキルの売買が楽しい!

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る