メルカリチャンネルで自分の商品を今よりも3倍売るコツ


メルカリチャンネル コツ

みなさん『メルカリチャンネル』って知ってますか?

『メルカリ』は知ってるけど、『メルカリチャンネル』は知らない!という人は時代遅れ!

今はスマホのアプリで個人でライブ通販ができる時代なんですよ!

まだまだ認知度の低いサービスですが、今後こういった個人でライブ通販が流行るんでしょうね。

そういうわけで、メルカリチャンネルのコツを書いてみます。

売れている人、売れていない人の比較をしてみたので多少は参考になるでしょう。

  1. メルカリチャンネルをこれから始める人
  2. メルカリチャンネルでなかなか売れない人

はこの記事を参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

メルカリチャンネルで商品を売るコツ

メルカリチャンネルはライブ機能で、メルカリで販売している商品を売ることができます。

すでにメルカリチャンネルでたくさんの商品を売っている人も多いので、動画のすごさがわかりますね。

たくさんの人がメルカリチャンネルでいますが、売れている人はいくつかの共通点があります。

カバー写真は顔出しの方がいい

これはランキングに入っている人をみればわかりますが、けっこう上位の人のカバー写真は顔出しが多いです。

顔出しに抵抗がある人は、マスクをつけてもいいので出来れば顔出しの方がチャンネルを見にきてくれる人が増えます。

実際のライブも顔出しで商品の紹介や雑談をしたり、質問に答えたりと見に来てくれた人とコミュニケーションを取っているのが好印象にもつながりますね。

商品数は多すぎるとダメ、20品くらいがベスト

これは必ずしもそうではないですが、あまり商品が多すぎると購買意欲が低くなる場合が多いです。

目安として20商品くらいがベストなのかなーと思います。

ある程度売れてくると、「商品が減ってきたから無くなる前に買わなくちゃ」とイメージさせやすいためです。

それを考えると、やはり20商品くらいがいいでしょう。

価格帯は3段階にわける

これは「松竹梅の法則」に習って、価格帯を3つにわけるといいかと思います。

例えば、『松』10000円『竹』6000円『梅』4000円と商品があると、人は6000円の商品をより選ぶ傾向にあるからです。

比率的には「松=2:竹=5:梅=3」だと言われています。

 

これは真ん中を選ぶ「極端の回避性」という心理が働くからです。

3つの商品を比較した場合、真ん中の商品が一番高い商品と一番低い商品よりも、無難な選択であると感じるためです。

500円ほどの商品を買ってもらう

これはさきほどの「価格帯を3段階にわける」というのと織り交ぜて価格帯を決める必要があり。

商品の価格帯が全体的に高いと、やはり商品購入のハードルが上がります。

そのハードルを下げるためにも、『500円ほどで買える安価な商品』を用意して購入のハードルを下げます。

500円でも「このチャンネルで買ってる人がいるんだ!」と思ってもらえれば、おっけーです。

まとめ

  1. カバー写真は顔出しの方がいい
  2. 商品数は多すぎるとダメ、20品くらいがベスト
  3. 価格帯は3段階にわける
  4. 500円ほどの商品を買ってもらう

このような感じで、「メルカリチャンネルで商品を売るコツ」を書いてみました。

これからメルカリチャンネルを始める人、始めているけど売れないと悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る