2016年はものすごく無駄なことをしよう!無駄であるから意味がある!


餃子 好き

どうも、餃子大好きなしらいです。

最近は生きているのか死んでいるのかわからないような生活をしていますが、ブログはこつこつ頑張っています。

ふと、「生きがいってなんだろう?」と思うことがあります。

 

そんな哲学的なことを考え出したら止まらないのはわかっているんですよ。

そういえば、大学時代の同級生に「生きがい」という本をカバンに入れていたやつがいたのを思い出しました。

 

要するに何が言いたいかというと、人生に生きがいなんてものはないんですよ。

生きがいうんぬんよりも、いかに「無駄なこと」ができるかが、人生の糧になるんだと思っています。

そんなわけで「無駄なこと」について語っていきましょう。

無駄なことをしよう

2016年は間違いなく自分の人生にとって節目の年になるだろう。

だが、決して時間は無駄にできないからこそ、無駄なことをしようと思う。

 

わたしの尊敬するアントニオ猪木氏も言っている。

人は歩みを止めた時に、そして、挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。

いろんな体験をせよ。多少無茶でもいい。

重要なことほど直感で決める。

馬鹿になれ とことん馬鹿になれ 恥をかけ とことん恥をかけ かいてかいて恥かいて 裸になったら見えてくる 本当の自分が見えてくる 本当の自分も笑ってた それくらい 馬鹿になれ

【参考】〔名言〕アントニオ猪木語録、格言【道】 – NAVER まとめ

そういうことだ・・・無駄なことをしろと。

人生に生きがいだとか、仕事にやりがいだとか考え出したら、正直キリがないと思いません?

そういったものは全部忘れて、無駄なことにエネルギーを注入したいと思うわけです。

無駄なことだからさくっと始められる

ここまで読んだ人は多少、気づいているのかもしれない。

この記事自体も無駄なんじゃないかと・・・そうは言っても、なんだかんだブログ歴2年の自分。

読者を納得させられるように、一つの解を提唱したい。

 

無駄なことは始めやすい

 

無駄なことって、別に肩肘張らないでやれるから始めやすいと思いません?

なにを始めるにしてもそうですが、「これは大切なことだから」とか「重要なんで綿密に作戦を練って」だとか、考えれば考えるほど、やるのが億劫になるし、やることにハードルができてくるんですよね。

 

実際に、転職や就職とかがそうだと思うんですけど、今よりキャリアアップしないと意味がないとか、希望の会社に入れないと就活の意味がないとか、考えると結局、現状維持で終わってしまうんですよね。

自分もそういうことがたくさんあったわけなので。

 

そういった、生きがい的なタスクは何かを始めるときに邪魔になってくる。

でも、「無駄なこと」って思えると意外とすんなり始められたりするかもしれないと思うわけですよ。

 

そういった無駄なことにこそ意味がある(かもしれない?)ので、2016年は無駄なことをするぞ!と思っています。

さて、どうしよう?笑

 

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る