格安SIMに乗り換える前に知っておきたい5つの用語!


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-UNI_MONV15002722-thumb-1000xauto-14713

格安SIMに乗り換えたいと考えている人もいると思いますが、調べると出てくる様々な用語・・・

こんなにわからない用語が出てくるんだったらもう諦めるか・・・と思ってしまうかもしれません。

しかし、一度理解してしまえばなんては事ありません。

最低限、5つの用語を抑えればだいたいの格安SIMへの移行の流れがわかりますので、格安SIMへ乗り換えを考えている人は是非参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

格安SIMに乗り換える前に知っておきたい5つの用語!

SIMカード

そもそもSIMカードってなに?という人は、SIMカードについて知りましょう!

SIMカードとは、携帯電話で使われている加入者を特定するためのID番号が記録されたICカードの事です。

ガラケーやスマホに入っている小さいチップのことですね!

*SDカードと混同しないように!

IMG_5095.JPG

格安SIMを申し込んだ場合は、このようにクレジットカードサイズで来るので切り離して使います!

 

そして、SIMカードにもいくつか種類があります。

詳しくはウィキペディアのSIMカードで見てもらえればと思います。

ここでは主に、nanoSIMとmicroSIMについて。

NanoSIM(ナノシム)

「SIMカード」のサイズの一つで、最も小さいもの。最新のスマホでよく使われています。

MicroSIM(マイクロシム)

「SIMカード」のサイズの一つで、「NanoSIM」の次に小さいもの。少し前までのスマホによく使われていました。

参考:ややこしすぎる「格安スマホ用語」和訳辞典を作ってみました

格安SIMへ乗り換える場合はこの2種類がほとんどです。

iPhone5以降はnanoSIMが採用されていますので、格安SIMに申し込む場合はnanoSIMを選択すればOKです。

 

SIMカード自体は海外だと空港などで購入して使えたりするのでSIMフリーのスマホがあれば使用できます。

 

SIMフリースマホ

SIMフリースマホというか、SIMフリー端末の話なのですが最近まで携帯電話にはSIMロックの制限が掛かっていました。

これは通信事業社がそれぞれ採用する通信規格や周波数帯が違ったためです。

よって、国内では通信事業者が提供するSIMカードを使わないといけなかったのです。

ただこれは囲い込みのようなもので、わたしたち消費者にとってはSIMフリーで使えた方が何かと便利です。

仮に以前までのスマホを海外で使おうと思ってSIMカードを購入し、差し込んでもSIMロックの制限が掛かっているので使えません。

それがSIMフリーのスマホだと使えるわけです。

ですから、格安SIMに乗り換えるならSIMフリースマホが必要です。

 

MVNO

ネットでよく見かけるMVNOという用語。

わからない人も多数いるのではないでしょうか?

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、自前で通信ネットワークを持っていない事業者がキャリア(ドコモなど)から回線を借りてサービスを提供しているという仕組みです。

それらのキャリアから回線を借りてサービスを提供している業者をMVNOとネット上では呼んでいるわけです。

ちなみにわたしが契約したのは、OCNモバイルONEでドコモの回線を使用しています。

OCN モバイル ONE データ通信専用SIM 110MB/日コース

MVNOの業者はたくさんあり、競争は激化していますね。

格安SIMについての評価を基準に各社のデータを比較!

当ブログでも人気のあるMVNOの業者をまとめたので、そちらをご覧下さい。

 

MNP

MNPという言葉もよく聞きますが、これは「携帯電話番号ポータビリティ」の略です。

携帯電話番号を変えずに乗り換える事のできるシステムで、ドコモからauやドコモからMVNO業者などどこへでも携帯電話番号そのままで乗り換えられます。

MVNOへMNP転入する場合は、MNP予約番号というものが必要となってきます。

 

例えば・・・

ソフトバンクからMVNOのOCNへMNP転入する場合はソフトバンクへ問い合わせをしてMNP予約番号を発行してもらいます。

このMNP予約番号は15日以内に転出処理を行わなければならず、OCNへMNP転入する場合もMNP予約番号の日数が7日以上残っていないといけません

要するに、ソフトバンクでMNP予約番号を取得して出来るだけ早く乗り換えをしないといけません。(日数の関係があるので)

そして、OCNへMNP予約番号を送ってしばらくするとMNP転入の処理が始めります。

 

データプラン

格安SIMへ乗り換える場合に悩むのが、データプランですね。

データ専用プランやSMS対応プラン・通話対応プランなどを選びます。

自分に合ったプランを選ぶ必要があるのですが、このプランを選ぶのがなかんか難儀しますね。

  1. データ専用プランは電話番号がないが、月額費用はかなり安い
  2. SMS対応プランはSMSを使いたい人向け
  3. 通話対応プランは電話番号があるので番号そのまま乗り換えたい人向け。新規の電話番号もあります。
  4. データ専用プランのスマホでテザリング&ガラケーは電話メイン

などなど、色んな使い分けができるので自分に合ったプランを慎重に選びましょう!

OCN モバイル ONE データ通信専用SIM 5GB/月コース

まとめ

どうでしたでしょうか?

キャリアからMVNO業者へ乗り換える場合、ある程度の知識がないと難しいのは事実です。

ただ毎月の固定費として携帯電話の料金はなかなかのものです。

家族全体の携帯電話料金で考えると年間かなりの額になりますよね。

実際に格安SIMと言っているくらいなので、携帯電話料金は確実に安くなります。

しかし、キャリアの契約でも2年縛りというのがあって更新月でないと契約違約金を約1万円取られるので注意が必要です。

 

格安SIMへ乗り換えを検討している人はこの更新月を見計らって乗り換えるのがベストです。

2年縛りの更新月は一ヶ月しかなく、しかも自動更新なのでこの一ヶ月を逃すとまた2年縛りを食らってしまいます。

 

という具合に、MVNOへ乗り換える場合は面倒な事もたくさんあるのです。

興味がある方は頑張ってキャリアからMVNOへ乗り換えてみましょう♫

 

質問などがあれば、答えられる範囲ですがLINE@でどうぞ♫

Add Friend


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る