マイナンバー制度とは?国民全員に12桁の番号が割り振られるんです!


マイナンバー

マイナンバー制度って最近テレビのニュースや新聞などで良く聞きませんか?

マイナンバー制度」って誰に関係があって、どういうものなんでしょう?

 

実はお年寄りから産まれたての新生児まで、国民全員に国がランダムに決めた12桁の番号(マイナンバー)を割り振られるんです

一体、どんなことに使われるのでしょう?

SPONSORED LINK

マイナンバー制度について

マイナンバー制度」とは、内閣官房のウェブサイトによると・・・

住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるもの

と記されています。

 

国民を「マイナンバー」で管理することで、

  1. 公平、公正な社会の実現
  2. 国民の利便性の向上
  3. 行政の効率化

を政府は掲げていますが、本当のところどうなんでしょうか?

国民全員にどうやって「マイナンバー」を知らせるのか?

メリット、デメリットは何なのか?を考えていきましょう。

「マイナンバー制度」の活用までの流れ

「マイナンバー制度」平成25年5月に成立したマイナンバー法の成立により、

平成27年10月に国がランダムに決めた番号を国民に割り振ります。

平成27年10月から12月にかけてマイナンバーが通知されます

(通知は住民票の住所に郵便局より通知カードが順次届きます。)

平成28年1月より行政の手続きで「マイナンバー」が必要となります。

(また申請者には顔写真とICチップの入った「個人番号カード」を市町村が交付します。)

「マイナンバー」通知カードを確実に受け取る

「マイナンバー」通知カードは住民票に記載されている住所に郵便局より簡易書留届きます。

個人に確実に手渡し出来る方法の配達方法ですが、国民全てが対象となる為、数が膨大です。

1週間は郵便局な留め置かれるので再配達が可能ですが、長期出張などの不在理由により通知カードを受け取ることが出来ない人も出てくることが予想されます。

郵便局での保管期間が過ぎた後は、各自治体が最低3ヶ月は保管することとなっています。

「マイナンバー制度」のメリットとデメリット

「マイナンバー法」が成立し、国民の認知度、理解度も低いまま平成27年10月の通知、交付、平成28年1月の適用となりますが、実際にはどんなメリットとデメリットが考えられるのでしょうか?

「マイナンバー制度」のメリット

「マイナンバー」を使うことで、個人情報の一元管理による事務手続きを簡単にすることが出来ます

それに伴う事務コスト削減も期待されますね。

行政の効率化国民の利便性の向上

また、平成33年をめどに預金口座への「マイナンバー」適用が義務付けが検討されています。

それによって、個人の所得、資産が明らかとなり、扶養控除を重複して適用する不正や、財産を隠して生活保護を受給することが難しくなります。

公平、公正な社会の実現

「マイナンバー制度」のデメリット

安倍政権一押しのこの「マイナンバー制度」にも、やはりデメリットがあります。

私たちが一番懸念している問題は、個人情報の流失ではないでしょうか?

米国では社会保障番号が日本の「マイナンバー」のような機能を果たしていますが、なんらかの方法で取得した社会保障番号を使って、クレジットカードや銀行口座を不正に作成する事件がやはり起こっています。

日本でもセキュリティが重要な課題です。

各行政機関が持つマイナンバーと紐付いた個人情報は、一元的に管理しないことになっています。

(しかし、サイバー攻撃を受けたらどうなるの…と素人考えでは不安になりますよね。)

また、平成27年10月5日の交付の次の日に消費者庁は「マイナンバー制度」を利用した便乗詐欺が起こったことを発表しています。

「マイナンバー」を取り扱う上での注意事項

平成28年1月以降に希望者に対し、本人の顔写真やICチップの入った個人番号カードを市区町村が無料で発行してくれます

「個人番号カード」

追々はその「個人番号カードを身分証として使用出来るようになりますが、「マイナンバー」を不特定多数の他人に明かすことはとても危険です。

(所得や資産の情報が入ってるわけですから…)

証明書として使用する場合はカードに記載されている「マイナンバー(個人番号)」部分をシールなどで隠す方が良さそうです。

(通知カードは顔写真が入っていませんので、別の顔写真入りの証明書が必要となります。)

もし、「個人番号カード」を紛失してしまった場合は24時間対応コールセンター(平成28年1月開設予定)に電話し、利用停止の手続きをしてください。

再発行の際は、最寄りの警察署に紛失届を出し、受理番号を受け取ったのち市区町村窓口で再発行の手続きをして下さい。(再発行手数料500円)

まとめ

自分のあらゆる重要な情報を国に管理され、番号を振り分けられるのには違和感はありますね。

国民の認知度、理解度の低いこの「マイナンバー制度は始まってしまいました。

この先起こりうる問題に目を向けながら、利用していくのにはどうしたらいいのか?を考えていかないといけないですね。

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

pocoyo

pocoyo

30代専業主婦。
主に生活やライフスタイルについて記事を書いています。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネットショップを開くなら「BASE」!




ネットショップを始めたい人におすすめ!テンプレート多数!

CM放送中!おすすめのWebサービス!




おすすめ過ぎるWebサービス!スキルの売買が楽しい!

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る