沖縄本島からフェリーで行ける離島へ行こう!綺麗な海でのんびり!


古宇利大橋

みなさん、沖縄は好きですか?

わたしは沖縄が好きで年に数回は行っているんですが、本島や離島など沖縄と言っても色々な場所を訪れることができます。

前回は、友人が沖縄のゲストハウスにいるということで会いにいってきたのですが、沖縄は海が綺麗で素敵でしたね。

【参考】沖縄の小宇利島へ行ってきました!エメラルドグリーンの海が絶景!

そういうわけで、今回は本島から行ける離島をメインに観光する予定なので、紹介していこうと思います。

SPONSORED LINK

沖縄へ行ってきます!次は本島からフェリーで行ける離島がメイン!

今回は、前回と違い一日観光出来る日が二日間あるので本島からフェリーで行ける離島に行こうと思います。

今のところの候補は渡嘉敷島・座間味島・久米島かな?

 

【参考】沖縄本島から離島へのフェリー情報

渡嘉敷島

  1. フェリーだと約70分で運賃は往復3160円
  2. マリンライナーだと約35分で運賃は往復4740円

沖縄の海を見たいのでフェリーで行こうかな。

船酔いはあまりしない方なのでフェリーでも大丈夫なはず・・・

渡嘉敷島を含む慶良間諸島は、世界でも有数の美しい海に恵まれた地域。

那覇から船で1時間弱と近く、沖縄県内外から、海水浴やダイビングを楽しみに多くの観光客が訪れる。

海はもちろん、島の風景も魅力のひとつ。美しい海と景色に囲まれて、身も心もきっとリラックスできることうけあいだ。

慶良間諸島付近には、毎冬クジラが多く訪れ、1~3月にはホエールウォッチングが盛ん。

座間味島

  1. フェリーだと阿嘉島経由で約2時間で運賃は往復4030円
  2. 座間味行きの高速船だと約50分で運賃は往復5970円

座間味行き直行の高速船は満席になる場合もあるので、予約しておいた方がいいかも。

フェリーだと阿嘉島経由なので座間味だけ行きたい人はクイーンざまみという高速船に乗りましょう!

世界中のダイバー憧れの海・ケラマ諸島。

南国の陽射しを受けてエメラルドに輝く海は、色とりどりのサンゴ礁で彩られ、その間をカラフルな熱帯魚たちが群れをなして泳ぐ。

これぞ、まさに亜熱帯の楽園だ。

久米島

  1. フェリーだと渡名喜島経由で約3時間で運賃は6450円

久米島までは日帰りだとしんどそうですね。

久米島で宿泊場所を確保しておいた方が良さそうです。

イーフビーチ

日本の渚・百選にも選ばれたビーチ。

沖縄でも指折りの真っ白な砂浜で、夏場には大勢の観光客でにぎわう。

遠浅で、海底もゴツゴツしていないので、小さな子供連れのファミリーでも安心して海水浴が楽しめる。

ビーチ周辺にはホテルやダイビングショップが並び、シュノーケルやウィンドサーフィンなどのマリンスポーツも充実している。

沖縄は離島がたくさんあって行きたいところがたくさん!

沖縄本島から行ける離島もおすすめです!

石垣島はもちろん本島から行ける離島もぜひ、行ってみたいところ。

 

今回は本島から行ける離島へ行ってみたいと思います!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 3月 31日

CAPTCHA


スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る