アフィリエイトはニッチなテーマを狙って集客しよう!


ハロウィン

アフィリエイトでは一般的に受けるテーマというものがあります。

  1. 稼げる系(FXやお小遣いサイトなど)
  2. ダイエット系(サプリや健康器具など)
  3. カード系(クレジットカード、キャッシングなど)

以上はアフィリエイトでは人気のテーマです。

 

当然、人気のテーマには既存のサイトがいるので新参者には厳しいという現実もあります。

では、初心者が簡単に集客できる方法があるとすれば「ニッチなテーマを狙う」という事です。

SPONSORED LINK

ニッチなテーマを狙うとは?

ニーズの少ないニッチなテーマで集客ができたとして、本当に稼げるのか?

答えはYESです。

 

なぜかというと根拠があって、アフィリエイトの世界はWebを介して様々な人にリーチをするので狭いエリアでは受けないテーマであってもそのジャンルに感心のある人は全国に少なからず存在します。

 

またニッチなジャンルに興味のある人はリピーターになってくれる可能性も高まります。

 

例えば、あなたがまだあまり流行っていないスマホのゲームを好きでやっているとします。

自分の周りでそのゲームをしている人がいなくても日本全国で考えると、どこかにはいるはずです。

 

そのゲームの攻略サイトなどを立ち上げて運営していけば、ゲームをやっている人は見たくなりますし、更新していればチェックしていてくれるかもしれません。

また、そのゲームの人気が出てくれば第一人者として攻略サイトを運営していけるメリットもあります。

ニッチなテーマを狙うとは簡単に言えば、そういうことです。

よくあるテーマの隙間を突く

いくらニッチなテーマが狙い目だとしても、まったくニーズの無いテーマを選んでも意味がありません。

ニッチなテーマを狙う一番効果的な方法は「人気のあるテーマの隙間を突く」ことです。

 

具体的には、ダイエットの場合ならサプリメントや健康器具をただ紹介するのではなく、「犬と一緒にダイエット生活」みたいに他のサイトとは差別化を計りましょう。

また「ハムスターと一緒にダイエット」なんかにしてみたら、「ん?どういう事?ちょっと面白そう!」とサイトを訪問してくれるかもしれません。

人気のテーマという大きな市場では、既存の競合サイトの手が回らないようなニッチなテーマにすることで、一定数のユーザーが興味を示してくれるかもしれません。

なので、初心者にも集客ができるチャンスは多いにあるわけです。

あえて、珍しいテーマを狙ってみる

ニッチなテーマを狙う場合には、本当に珍しいテーマを扱う方法もあります。

インターネットの世界では何がヒットするかは誰にも予想ができないので、特に競合が少ないテーマなら一気に稼ぐ事も可能かもしれません。

ただ、ヒットするかは運次第なところもありますので当たればラッキーくらいに考えておいた方が無難でしょう。

 フェレットプラスでテーマを考えてみる

フェレットプラス

 

Ferret+」というキーワードツールでテーマをチェックできる方法があります。

どんなキーワードがどれくらい検索されているかを知ることができるので、フェレットプラスで調べてテーマを検討すると捗るかもしれません。

 

無料の会員登録をして、キーワードチェック▶︎キーワードアドバイスからワードを検索すれば簡単にどの程度のニーズがあるかわかります。

試しに「お金」で検索してみると・・・

お金

 

色々出てきますね・・・

正しく、ニッチなテーマを探せそうです。

是非、色んなワードを検索してみて下さい。

 

まとめ

初心者にとってニッチなテーマを狙ってアフィリエイトをしていくというは難しいかもしれませんが、アバウトにテーマを決めるのではなくしっかりとテーマを絞って運営していく事が大事です。

その中で、ニッチなテーマを狙うのは一つの手段として覚えておいても損はないと思います。

 

また検索ワードで考えてみても、自分のサイトが検索上位に入らないと集客がうまくいきません。

なので、Ferret+を利用して検索上位に来るような記事を書くことは大切です。

ニッチなワードで検索の一番目を獲得できれば、成功と言えるでしょう。

以上、「ニッチなテーマを狙って集客しよう!」でした。
アフィリエイトを続けられない理由。稼げないと続かない?続けないと稼げない?
アフィリエイトの秘訣?”興味のある物事”をテーマにする
アフィリエイトの良い点と悪い点


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る