著作権侵害で動画投稿サイトの投稿主が逮捕された件


a1180_009577_m

動画共有が違法で捕まることも!

今は大公開時代と言われているほど動画共有が盛んに行われていますが、Youtubeを見た事がない人の方が珍しいのではないでしょうか?

 

そんな折、わたくしが粛々と某動画共有サイトで動画を閲覧していましたら、いきなり驚かされました。

アップロード主さん逮捕されてしまいました!

・・・

・・・

マジで!?

 

まさか、そんなタイムリーで動画をアップロードしていた人が逮捕されるなんて思ってもみませんでした。

具体的に説明すると・・・

逮捕までの経緯

某海外の動画共有サイトにアカウントを作り、日本の番組をアップロードしていたようです。

アップロードしていた動画は高品質であり、なかなかの人気を博していたようだ。

 

しかし、動画を違法にアップロードするのは違法なのでアカウントが消される事が多々ありました。

アカウントが消されれば、また新しいアカウントを作り、また消されの繰り返しだったようです。

 

そのイタチごっこに終止符が打たれる事になります。

アップロード主が逮捕という形で。

 

まず言っておきますが、違法にアップロードされた動画をダウンロードするのは違法です。

アップロードも違法です。

違法アップロード・違法ダウンロードとも著作権侵害なのです。

 

逮捕された人は違法アップロードを大量に繰り返していたので、逮捕されたと思います。

しかし、量の多さに関わらず違法アップロード・ダウンロードは著作権侵害で違法です。

【参考】これだけ知っとけ!©著作権

他にやってしまいがちな違法アップロードには

  • 好きな漫画やアニメのキャラクターの絵を描いてブログや投稿サイトに投稿
  • ブログ、掲示板等に好きな歌の歌詞(の一部)を投稿
  • お気に入りのイラストや動画を、もっとみんなに知ってもらいたいからと別のサイトに転載
  • 自分のゲームのプレイ動画を動画サイトに投稿
  • アーティストの曲を自分で演奏し、ブログで公開

などが考えられます。

著作権というと、一般人には馴染みのないことかもしれませんが、実は今の時代かなり著作権に注意しておいた方が身の為です。

上記の例ですが、当てはまる人もいるのではないでしょうか?

 

Youtubeなどでゲームの動画を投稿している人もいますが、違法アップロードに当たります。

ただ、これは無断でアップロードした場合で作者から許可を得ていればOKです。

  • 他人の著作物を勝手にネットにアップロードすれば違法アップロードになる
  • どのように加工編集してもダメ。一部のみの使用でもダメ
  • 許可を取ればOK
    (ただし実際に企業から個別に許可をもらうことは難しい)
  • Youtubeやニコニコ動画など、あらかじめ許可のあるサイトなら許可の範囲で使用OK
  • たとえ違法でもそれが作者の不利益にならない使用であれば黙認されることもある

著作権というのは非常に難しいのですが、簡単に動画をアップロードできる時代なので最低限の著作権侵害については知っておいた方がよかろうかと。

また、twitterなどでも迷惑行為をして検挙されたり逮捕されたりするので、気をつけましょう。
【参考】ストリーミングは対象か? 違法ダウンロード刑罰化の影響

A 最低限以下の3つのことに気を付けてください。

1 当然ですが、明らかな海賊版サイト(いわゆるサイバーロッカーと呼ばれるような大量の海賊版ファイルがアップロードされているサイトなど)を利用して市販作品をダウンロードしない。

2 ファイル共有サービスで、市販の音楽や映画を検索して入手しない。

3 適法動画と判断がつく場合を除いて、動画投稿サイトから動画をダウンロードすることは避け、ストリーミングで楽しむ方が安全(なお、多くのサイトではダウンロードは規約で禁止されています)。

インターネットの時代では最低限のマナーやモラルを身につけておきたいですね。

著作権侵害然り、twitterでの投稿然り・・・

 

ネットリテラシーを身につけましょう。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る