Tシャツ製作&販売のネットショップを始めるまでの道のり!


9958268c3c87fb7d582344549778f3a0_m

ネットショップを出すまでの道のり

バスケットボールのTシャツを作りネットショップで売ろうと考え、まずは「ネットショップを出すまでの道のり」を考えてみた。

 

コンセプトとしては、海外のデザイナーがデザインしたバスケのTシャツを販売したら面白いんじゃないかというところから。

昨今クラウドソーシング(これについても後々記事を書こうかと。)が話題になっていて、日本はもとより海外のデザイナーに仕事を発注して、コンペ形式でデザインを集められるというのに興味を持っていたからだ。

クラウドソーシングのサイトは色々あるが、今回私が利用したのはDesignCrowdというサイトだ。

当初計画していた「ネットショップを出すまでの道のり」をば。

ネットショップを出す計画

  1. DesignCrowdでデザインを募る。15000円〜30000円。
  2. デザインを元にTシャツを製作。Tシャツ代、版代、プリント代など。50000円〜100000円。←今ココ
  3. 最初は無料のECサイト(Stores.jpやBASEなど)で販売する。無料か有料コンテンツあり。
  4. Facebookや広告会社に広告出稿。相場を調べる。

 

意外と簡単じゃないか!と思ってました、最初は・・・。

 

DesignCrowdでデザインを募る

DesignCrowdはオーストラリアの会社が運営しているので、言語は英語です。

デザインの募集から何から全て英語なので、「英語そんなにわからないしな〜、だれか友人にでも頼むか・・」と考えてました。しかし、考えてばかりで実行に移せないのがわたし。

 

ある日、「この段階でつまずいてるようなら、ネットショップどころか起業なんて到底むりだ!もう全部一人でやる!」と決めて、Google翻訳さまや他のデザインの募集を見よう見まねでデザインの発注をしてみました。

「こんな英語でデザインなんて集まるのかな〜。」という不安がありましたが、募集をかけて2、3日で5デザインくらいが集まりました。

意外と英語もちょろいもんですw

デザインの募集期間は10日間。プロジェクトに参加してくれたデザイナーも色々な国の人でした。アメリカ、オーストラリア、インド、インドネシア、フィリピン、バングラデシュetc..。

 

結果的に37デザイン・25デザイナーが私のプロジェクトに参加してくれました。感謝!!その中から気に入ったデザインを一つ選び、デザイナーにお金を支払います。私が選んだプランは一番安い15000円くらいのやつでした。ひとまず、Tシャツのデザインは準備できました。

IMG_2544

↑私が最初に採用したデザイン。

デザインをTシャツを製作

デザインの準備ができたら、次はいざTシャツを製作。

Tシャツの知識もほとんどないので、とりあえずググってTシャツを作ってくれるところを探す。

しかし、Tシャツ屋というのは非常に多く、どこで作ればいいかでかなり悩んだ。色々と調べた結果、ラブラボというところにする事に。

製作の前に、Tシャツのサンプルを貸し出してくれるみたいなので、サンプルを頼み気に入ったTシャツを決めた。

 

そこからは営業の方とメールや電話でやり取りをし、デザインのサイズや作るTシャツの枚数、デザイン方法などを相談し、無事に発注完了。そして、本日無事にTシャツが届きました。

まとめ

大雑把ではありますが「ネットショップを出すまでの道のり〜途中経過〜」でした。

これから、デザインをもう少し増やしていき、ネットショップを開く準備をしていきます。また、「Player’s Anthem Online Store」も並行して作っていきたいと思います。

わからない事も多々ありますが、ネットで調べたり、人に聞いたり、yahoo知恵袋で調べたりしながら、気ままにやっていきます^^

またネットショップを出す段階になれば、「ネットショップを出すまでの道のり!」を更新したいと思います。

補足)今ではデザインのクラウドソーシングができる会社が増えています。

【参考】クラウドワークス

【参考】ランサーズ

【参考】デザインクルー

 

 

他にもデザインだけでなく、記事作成など色んな仕事をアウトソーシングしているサイトが増えていますね。みなさんも是非、探してみてくだい。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る