あなたが常にクリエイティブでいるための5つの考え方


IMG_3379-0.JPG

クリエイティブな考え方を学ぶにはどうしたら良いのか

クリエイティブ(Creative)な考え方とは、創造性・創造的な考えを持つ事です。

どの様にしてクリエイティブな考え方というものを意識していけばよいのか。

SPONSORED LINK

何について考えるかをはっきりさせる

まずは、何についてクリエイティブに考えるかを決めます。

ただ闇雲にクリエイティブに考えるぞ!と思っても無理な話です。

自分の頭の中の思考のベクトルを、その議題に合わせます。
そして、それに向けてひたすら集中します。

不安要素は必要ない

物事にマイナスなイメージを持ってしまうとクリエイティブに物事は考えられません。

どうやればうまくいくか、こんな事は出来るのだろうか、など自分の考えを自分で制限してしまうと、ありきたりな考えになってしまいます。

自由にイマジネーションを広げてみましょう。

失敗から学ぶ

人は誰でも失敗するものです。

しかし、クリエイティブな考え方を持っている人は失敗を失敗と思わず、常に思考をアップグレードしています。

そして、失敗を恐れません。

 

成功の為には失敗も必要なので、失敗を繰り返して成功へと近づいていきます。

クリエイティブな考え方を持つ為には、失敗から学びましょう。

常に頭の片隅で考える

普段の私生活の中で、電車に乗ったり、トイレに行ったり、食事をしたりと様々な場面がありますが、常に頭の片隅で何かないかと考えていると、ふとイメージが出てくる事があります。

その時は忘れない様にメモでも取りましょう。

 

常にクリエイティブな考え方を持つ為には、一朝一夕では為せません。

日頃から学ぶ姿勢を持ち、情熱を燃やしましょう。

まとめ

クリエイティブな生き方をするというのは一見すると難しいように思いますが、全ては積み重ねです。

小さい経験を積み重ねていくと、クリエイティブなものやことを少しでもつかめるようになるでしょう。

 

一般的なものをそれと考えてることでも、クリエイティブな考えの人は違った考えをしていることがあります。

それはいつも違う考えをしようとかそういうことではなくて、こういった考えもあって面白いなという風に感じている人が多いように思います。

 

クリエイティブに考えるというと難しいので、こういうのは面白いなという感覚を積み重ねていけばクリエイティブな考え方に変わるかもしれません。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る