焼肉好き必見!美味しい焼肉店の5つの条件を考えてみた!


IMG_3381.JPG

焼き肉を美味しく食べられる店とは

先日、家の近くにある焼肉店に食べに行きました。

そして、余りにも肉が美味しくなくて、余りにも店員の接客が良くなかったので、今回は「美味しく食べられる焼肉店、多少の文句を乗せて」について書きたいと思います。

 

個人的な意見ですが、学生のときは飲食店で接客業をずっとしてきた事もあるので語れる自負はあります。

SPONSORED LINK

焼肉を美味しく食べられる店の条件

まずは最低限の接客を

先日行った焼肉店の居心地の悪かった接客を挙げると、とりあえず全員元気がない。

わたしが過剰なサービスを求めているというわけでもなく、深夜のコンビニの店員かの如く元気がなかったのです。

 

コンビニの接客をディスっているわけではなく、飲食店の接客であれはないなと。

ハキハキと喋っていれば、好感を持たれるかはわかりませんが、居心地が悪く思われる事は避けられます。

 

次に七輪の火力が弱く、炭も灰だらけだったので、「七輪の交換ってしてもらえますか?火力が弱くて…」と言って、別の七輪を持ってきてもらうと、また同じ様な灰だらけの七輪が出てきました。

 

いや、こいつ日本語理解してるのかと。(多少言葉が汚いのは、ご容赦下さいませ)

案の定、火力も弱くこの時点でフラストレーションが溜まりました。

七輪などで炭を使っている店は、火力には気を遣い、網も一度は変えてもらいたいです。

オーダーしてから肉がくるのが遅い

この様な店によくあるのが、オーダーしてから肉がくるのが遅いという事。

 

コーラを追加で頼んでも、全く来ませんでした。流石に痺れを切らし、「すみません、先程コーラを頼んだのですが、もう来ますか?」

店員「はい」

いや、もうね、こちらの話を全く理解していない。

 

来てないから、早く持ってきてほしいんですよ。

何でも、はいはい言うとく接客なんてあるか!(多少言葉が汚いのはご容赦下さいませ)

 

 

忙しい時などは、注文されたものが遅くなる事がありますが、どうしても時間が掛かるものは注文された時に説明したり、ドリンクのオーダーは急かされる事が多いので、すぐに持っていく事を心掛けるといいかと思います。

 

そして、極めつけは店員が通路でペチャクチャ喋っているのがテーブルまで聞こてきたこと。

接客業で働いてるのであれば、お客さんを意識して働いてもらいたいです。

 

非常に居心地が悪うございました。

最低限の接客という事で、以上の事はしないでもらいたいです。

 

多少の元気と、多少の気遣いと、多少の常識を。

塩タンの良し悪しが大事

焼肉を食べる時の定石として、まずは塩タンを頼む方が多いと思います。

 

これはタンは脂肪含量が非常に高く、薄くて焼きやすいので最初に焼きます。

また、タンはタレではなくレモンでさっと食べるので、他のカルビなどを先に焼いてしまうと、タンにタレがついて台無しになってしまいます。

 

その為、最初にタンを食べるのが定石となっているのです。

要するにですよ、焼肉を食べに来た人がまず食べる肉って、塩タンなわけです。

 

その塩タンが非常に美味しくなかったんです。

 

タンが分厚過ぎて硬く、噛みきれずに断念しました。

塩タンが不味いって焼肉店にとって死活問題です。

塩タンこそ、良質な肉を使うべきだと声を大にして言いたい。

 

 

その他のカルビやハラミなどを頼みましたが、塩タンが特に美味しくなかったです。

他の肉はタレで多少誤魔化せても、塩タンはダメだったようです。

 

そして、ハラミ、上ハラミ、壺漬けハラミと一通りのハラミを頼んでみましたが、ハラミ(不味い)、上ハラミ(普通)、壺漬けハラミ(脂身ばかりでタレで誤魔化す)。

 

個人的な意見として、ハラミで勝負している店は好きです。ハラミが美味しい店かはチェックしています。

まとめ

大半が文句となってしまいましたが、焼肉が好きなので記事にしました。

追加ですが、焼肉を食べに行くとビールも頼む方が多いと思います。

ビールが美味しくない焼肉店なら行きたくなくなるので、ビールを美味しく提供している店はいい焼肉店じゃないかなと。

ジョッキをしっかり洗っていないとビールの鮮度が落ちますし、ジョッキも冷えていた方がいいです。

 

泡の比率なんかも大事だと思うのです。

是非、ビールがめっちゃ美味しくて、焼肉がめっちゃ美味しくて、接客が心地よい店を見つけたいものですね。

 

以上、焼肉店レポートでした。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る