ブログのスマホ最適化を工夫してレスポンシブなブログを目指そう!


スマホ最適化

スマホ最適化ってなんだ?

私はWordPressでブログを書いており、テンプレートはSEOに強い「STINGER3」を使っているのは前にも書きましたが、WordPressでブログを作ればスマホにもパソコンにも両方に対応している「レスポンシブなブログ」を書けるわけです。

追記)いまはTCD Gorgeousというテーマを使っています。

 

しかし、実際はパソコンにはパソコンに合ったデザインを考えないといけませんし、スマホ向けも然りです。

そこで日頃からパソコンに向かってあーだこーだとデザインを考えていますが、難しい。

 

パソコンのブラウザだと比較的見やすいようにタイトルや記事やアドセンスなどを配置できますが、これがスマホとなるとまた話が違います。

なぜ、私がスマホ最適化にこだわるかというと、すこし前ならパソコン全盛期の時代でしたが、今はiPhone・Androidを皮切りにスマートフォンがかなりのシェアを伸ばしています。

 

当然、スマホを使う人が今後も増えてくるわけなので、ブログを運営する上ではスマホ最適化というのは避けても通れない問題なのです。

しかし、スマホはパソコンよりも画面が小さい事もあり、UI(ユーザーインターフェイス)が非常に難しいです。

 

そこでスマホ最適化について小一時間考えましたが、問題点について述べたいと思います。

スマホ最適化ってなにをどうするの?

文字の大きさ

スマホは画面に表示する文字が大きすぎると非常に見にくくなってしまいます。

逆に小さすぎてもダメなので、色々なスマホで見てみるといいと思います。

 

私の場合は少し大きいと感じたので、文字を小さくしてみました。

例に挙げると、スマホのアプリの「SmartNews」 や「Gunosy」などは結構文字が小さくしてあるのですが、それでも全体的に見ると見にくくはありません。

 

やはりスマホ最適化をするなら、全体的にバランスが取れていなければならないようです。

画像の大きさ

私が一番悩んでいるのが、画像の大きさです。

 

スマホで画像を表示すると、どうしても大きく感じてしまうので改善したいのですが、いまいち進まず。

それと合わせて、アドセンスとのバランスもあるのでうまく表示できるようにしていきたいです。

まとめ

最近はブログのデザインを試行錯誤して改善しているわけですが、やっていても面白いので飽きませんね。

 

寝不足にはなりますが・・・

今日思ったのは、WordPressで作ったブログはスマホならばSafariやGoogleChromeなどで開いていると思います。

 

アプリはアプリで開くのですが、ブラウザとアプリを比べるとアプリの方が1ページ(1画面)に収まっている情報量が断然多いです。

スマホは画面が小さいからこそ、一目で見やすいページにするべきなのかもしれません。

 

これからはスマホ最適化を目標にブログを運営していきたいと思います。

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る