稲盛和夫氏の経営や人生に役立つ名言まとめ


稲森和夫

稲盛和夫氏をご存知でしょうか。

 

私もそんなに知っている方ではないのですが、JALの再建に一役買った人物であり、京セラ・KDDIを設立、その他様々な功績を残しています。

数々の名言があるので、今日はいくつかピックアップして紹介したいと思います。

【参考】稲盛和夫|Wikipedia

SPONSORED LINK

稲盛和夫 名言

成功する人と、そうでない人の差は紙一重だ。

成功しない人に熱意がないわけではない。

違いは、粘り強さと忍耐力だ。

失敗する人は、壁に行き当たったときに、体裁のいい口実を見つけて努力をやめてしまう。

 

今日の成果は、過去の努力の結果であり、未来はこれからの努力で決まる。

 

バカな奴は単純なことを複雑に考える。

普通の奴は複雑なことを複雑に考える。

賢い奴は複雑なことを単純に考える。

 

強い思い、情熱とは、寝ても覚めても、24時間、そのことを考えている状態。

自分自身の成功への情熱と呼べるほどの強い思いが、成功への鍵。

 

いまこの1秒の集積が1日となり、その1日の積み重ねが1週間、

1ヵ月、1年となって、気がついたら、あれほど高く、

手の届かないように見えた山頂に立っていたと、

いうのが私たちの人生のありようなのです。

 

成功に至る近道などあり得ない。

情熱を持ち続け、生真面目に地道な努力を続ける。

このいかにも愚直な方法が、実は成功をもたらす王道なのである。

 

忙しい毎日を送っている私たちは、

つい自分を見失いがちである。

そうならないためにも、

意識して反省をする習慣をつけなければならない。

反省ある人生を送ることにより自分の欠点を直すことができ、

人格を高めることができる。

 

事を成さんとするには強い思いがいる。

 

人間の能力は未来進行形で発展します。

たとえ今は実現できなくても、1年後、2年後に実現するつもりで努力を重ね、勉強をすれば必ず成長する。

そのためにはまず、自分の能力が無限に発展すると信じることです。

 

よく言う者はあれど、よく為す者は少なし。

よく為す者はあれど、久しくする者はさらに少なし。

久しくする者はあれど、敬を加うる者はさらに少なし。

 

私が創業した京セラは、もともとは中小零細企業です。

私は、社員が希望を持てる会社にしたいという一心でやってきました。

それには何が大事かというと「思い」です。

それも非常に強い思いが必要になる。

 

努力には限度がない。

限度のない努力は本人が驚くような偉大なことを達成させるものである。

自分の中にある既成概念を壊さなければならない。

壁を破り、一線を越えることによって、成功に至る。

この壁を突破したという自信が、さらに大きな成功へと導いてくれる。

 

人を動かす原動力は、ただ一つ、公平無私ということだ。

天賦の才を決して私物化してはならない。

むしろ、謙虚に、集団のためにその才能を使うべきなのだ。

誰かと議論を行う際は、初めに相手の立場を考え、相手を思いやることのできる心の余裕が必要だ。

そうすれば、互いの相違を乗り越えた、本当に建設的な議論ができる。

 

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 10月 21日
コメントは利用できません。

スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る