プロパンガスの料金が高すぎ!適正価格を知る方法を紹介!


プロパンガス 高い

月々のプロパンガス代が高くて困っている人もいる事でしょう。

一般的に都市ガス(公共料金)と比べて、プロパンガス(自由料金)の料金は高くなっています。

月々の固定費として出費していくガス代なので、プロパンガスを使っている人は早急に料金を安く節約したいところ。

 

プロパンガスの料金を安くする方法を紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

プロパンガスの料金を安くする方法

まずはプロパンガスの料金が適切か知る

まずはあなたの自宅のプロパンガス代が適切かどうかを知りましょう!

今はインターネットでガス料金の診断が行えるので、ぜひ調べて下さい。

【CHECK】プロパンガス料金消費者センター 料金診断ページ

プロパンガス 高い

 

  1. まずは、一戸建てか集合住宅かを選びます。
  2. 次に、毎月ガス会社から来る通知書を参考に使用量と請求金額を入力します。
  3. 診断する

以上の情報を入力すると、あなたの家庭のプロパンガス代が適切かどうかの診断が出ます。

ちなみに、わたしはこのような結果となりました。

プロパンガス 高い

やっぱり高いんだ・・・

というか、高すぎる!!

安いガス会社に変更をする

 ガス料金見直し【みんなのプロパン相談広場】

こちらのサイトでプロパンガスの料金の削減ができます。

一戸建ての家庭の場合

もし、診断結果でプロパンガス代が高いと診断されたら早急にガス会社を変更するべきです。

いつまでも高いガス会社でお金を払うのはもったいないので、適正な価格で提供しているガス会社に変更しましょう。

要するに一戸建ての場合、プロパンガスを安くするなら不当なガス会社から適性なガス会社へ乗り換えるという事が必須です。

集合住宅の場合

集合住宅の場合、部屋ごとにガス会社を変更するという事はどうしてもできないので高いプロパンガス料金を払っていかないといけません。

不当に値上げをされていてもどうすることもできないという事です。

そこまで悪質じゃないとしても、料金の高いガス会社から変更できないというのはかなりのデメリットです。

引っ越しを検討したり、集合住宅の住民と結託して大家さんやオーナーに直談判するという事も考えなければいけません。

ただそこまでしてガス料金の値下げに対抗するのは難しいですよね。

ガス料金を節約する

主にガス料金の節約で言うと以下のものがあります。

お風呂でのガスの節約

ガス代のほとんどがお風呂で費やされています。

それだけお風呂に入る時にはガスを使うという事を知っておきましょう。

そして、お風呂でのガス節約のポイントを挙げておくと・・・

  1. シャワーを使う時間を短くする。
  2. 給湯の設定温度を1度でも下げる。
  3. 湯船に貯めるお湯を少なめにする。

以上の事ことを意識して、ガス料金の節約に励みましょう。

また、電気でお風呂のお湯を沸かせる「風呂バンス」という商品もあります。

 

ガスコンロでのガスの節約

  1. 火が鍋底からはみ出さないようにする。
  2. 煮るより蒸す、蒸すより炒める方がガスを使う時間が減る。
  3. 鍋にフタをする。
  4. 余熱を利用する。火を止めた後もしばらく火は入る。
  5. 冷凍のものは冷蔵庫解凍する。
  6. 鍋底の水滴は拭き取ってから火にかける。
  7. 揚げ物は買う。家ではしない。

以上のことに注意して、料理をする時にガス代を節約しましょう。

まとめ

  1. 一戸建てでガス料金が高い場合は、適性なガス会社へ変更をする。
  2. ガスを使う、お風呂やガスコンロなどは節約を意識する。

ガス料金の通知ハガキだけ見て、毎月何も考えず払っているのはもったいないです。

ガス会社を変更してみたり、クレジットカードで上手に運用したりしながらマネーハックをしていきましょう。

ガス料金をクレジットカード払いにするだけでも節約もできますよ!

【CHECK】クレジットカード|気ままにブログ荘

 

手間は掛かるかもしれませんが、一度手続きをすれば毎月の無駄を減らせるので絶対に実行しないと損です。

ぜひ、毎月のガス代に悩んでいる人は参考にしてみてください。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る