huluの「シリコンバレー」が面白すぎるのでマジで見て欲しいレビュー


シリコンバレー レビュー

huluで観られる海外ドラマの「シリコンバレー」がなんとなく観てみると、予想以上に面白かったのでレビューをしていこうかと思います。

アメリカのシリコンバレーで繰り広げられるスタートアップの話なのですが、好きな人にはおすすめかも。

それでは、あらすじやら登場人物やらをご紹介〜!

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

シリコンバレーのあらすじ

今のシリコンバレーはハイテク黄金時代。

ここでは、成功する素質を一番持ち合わせている人物ほど、実は一番成功の扱い方を知らないのだ。

HBOと、「リストラ・マン」や「ビーバス&バットヘッド」でおなじみの型破りなクリエーター、マイク・ジャッジが贈る新しいコメディシリーズ。

新興ハイテク会社と、それを儲かる大企業に押し上げようと奮闘するオタクな若者たちのクレイジーな世界を描く。

エピソードごとに、内気なプログラマーのリチャードは徐々に成功への階段を上っていく。

リチャードは親友ビッグヘッド、気取り屋のギルフォイル、皮肉屋のディネシュの4人とともに、ドットコム事業で大金持ちになり自己満足に浸っているアーリックの家に住まわせてもらっている。

家賃はタダ…だが、プロジェクトの収益の10%をアーリックに献上することが条件だ。

リチャードのキャリアは行き詰っていたが、ある日突然彼のウェブサイトのユニークな検索アルゴリズムが入札戦争の真っただ中に置かれることに。

引用:hulu

huluでは2週間無料で視聴できますよ。

シリコンバレーの登場人物

  1. リチャード:内気なプログラマーでプログラミング技術は一級品。本ドラマの主人公。
  2. アーリック:スティーブジョブズかのように振る舞う人物。プレゼンはうまい。
  3. ギルフォイ:システム設計とセキュリティーが得意。
  4. ディネシュ:Javaが得意なプログラマー。

シリコンバレーのレビュー

登場人物のそれぞれにいわゆる「自分の強み」というのがあって面白い。しかし、リチャードの親友ビッグヘッドには得意分野がなにもなく、メンバーから外されてしまう。

そういったことは当たり前と言えば、当たり前の世界なんだろうなー。それにしても、スタートアップコメディだけあって、ストーリーもなかなか面白い。

現在、日本ではhuluの独占配信ということで、huluに加入している人は本当に見てみてください。面白いです。

huluに入っていない人も見てください!笑

IT分野の好きな人なら、ぜひチェックを!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る