スマホは視力低下するのか?正しい予防で視力回復をしよう!


スマホ 視力低下

 

スマホを使い始めてから視力低下したんじゃないかと悩んでいませんか?

 

巷で話題の『スマホ老眼』になる人もいるようですね。スマホから発せられるブルーライトはけっして目にいいものではありません。

 

でも、スマホを使えないなんてありえない!という人がほとんどでしょう!(わたしもスマホ中毒ですw)

今からでも遅くはないので、スマホの視力低下の予防と視力回復に取り組んでみましょう! 

スマホは視力低下を招くのか?

最近、スマホばかり触っているせいか(ゲームをしたり、SNSを見たりなど)視力低下してきたように思います。元から悪いんですけどね!コンタクトレンズ付けていますけどね!

 

それでも付けているコンタクトレンズの度数が合わなくなってきたなーと思い始めたので、スマホ依存のせいなのかと思ったり。

スマホを使うことによって視力低下を招いているなら大問題なので、徹底的に調べてみよう!

 

結論を言うと、スマホはやっぱり目に悪い影響を及ぼします。それの一番の原因がスマホの画面から発せられるブルーライトのせいです。

【参考】ブルーライトとは?目の不調、身体の不調の原因はこれだった!?知っておきたいブルーライトの影響と、その対策!|WELQ

スマホの画面が目に与える影響

直筋が緊張状態に陥ると遠視に、緊張が斜筋に生じた場合は近視を引き起こします。

近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業によって、眼に負担をかけることで眼精疲労を引き起こします。

また、眼に悪い習慣や慢性の疲労、全身の衰弱や長期間の心配事、そのほか神経をいらだたせる出来事などの理由で、眼を動かす筋肉を緊張させます。

眼筋の緊張が視力低下の原因になります。

また、ひじを突いて本を読んだり、寝転んでテレビを見たりすると、見ているものへの距離が左目と右目に差が生じて、視力に左右差が現われます。

ガチャ目になると、片方の眼ばかり使うことになるので、ますます視力低下が進行します。

参考:視力低下の原因|EYE Portal

要するに、スマホばかりを触っていると画面を凝視してしまって眼筋があまり動かない為に、眼筋が衰えて視力低下を招くのだと思われます。

確かにスマホの画面を一点集中で見続けると、目には悪そうですよね・・・

また、暗いところ(寝室など)でスマホを見る際もスマホのブルーライトと画面を凝視してしまうWパンチで視力低下の原因にもなるようです。

ついつい、ベッドにスマホを持ち込んで見てしまいますが、それもダメみたいですね・・・

視力低下を防ぎたい!

もう視力が低下してしまっているのですが、それでも今からでも対策はしておきたい!対策方法は知っておきたいですよね。

  1. ブルーライトをカットする
  2. 目薬をさす
  3. 適度に休憩を取る
  4. 目を温める
  5. 外で遠くを見つめる

簡単にできるものから順番に紹介していきます。

ブルーライトをカットする

まあ、まずは根本原因のスマホのブルーライトカットはしておくべきです。

スマホのブルーライトをカットするには、2種類の方法があります。

  1. スマホにブルーライト軽減フィルターを貼る
  2. ブルーライトカットのメガネをする

最近では、スマホのブルーライト軽減機能もあるので、それを活用するのもいいですね!

目薬をさす

疲れた目に目薬をさすのは効果があります。

パソコンのし過ぎで、ドライアイの人もいるかもしれません。

目薬は薬局で簡単に買えますし、ネットでも簡単に買えます。

適度に休憩を取る

ずっと目を酷使していると、当然目には悪いです。

適度に休憩を入れて目を休ませてあげましょう!

少しの間、目をつぶって休ませることでも全然違います。

サラリーマンやOLの人で仮眠を取れるなら目を休ませる意味でも、効果的でしょう。

目を温める

一般的には「目を温める」が正しい疲労回復方法です。視力低下を予防するためには疲れた目を温めてください。

目を温めることで目や周辺の毛細血管が開き、血行が良くなるからです。逆に目を冷やすと毛細血管が収縮し、血行が悪くなります。

参考:目を温めて視力低下を予防

 

外で遠くを見つめる

山などを見ると視力の低下を防げるのは聞いたことがありますが、日の中で遠くを見つめるのは視力回復にも効果があるようです。

近いものを見続けていると視力の低下を招いてしまいますので、外に出る機会があれば遠くを見つめて視力低下を予防しましょう。

サプリメントで視力回復!

えんきん

悪くなってしまった視力は自然には元に戻らない!

視力回復するための、一番手軽で簡単な方法は、『サプリメントで視力回復』ですね。

サプリメントのメリット

  1. 携帯に便利なので続けやすい
  2. 飲むだけで視力回復に取り組める
  3. 薬ではないので副作用が少ない

サプリメントは視力回復に効果的なのですが、中でもファンケルでサプリメント売り上げNO.1の「えんきん」というサプリメントの紹介。

やっぱり『簡単に始められて、続けやすい』というのがサプリメントのいいところ。

今ならもう一袋(計4週間分)ついて1000円でお試しできますよ。

まとめ

スマホばかり触っていると、視力の低下を招いてしまうのは一点を集中してみてしまい、眼筋が衰えて視力低下に繋がるようです。

スマホは便利な反面、目にはあまり良くないということですね。

 

  1. 目を休ませる
  2. 目を温める
  3. 視力回復に取り組む

などは会社員の人でも手軽にできるので、意識してみて下さいね。

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る