スマホが熱くなる原因は?発熱した時の原因と対処法一覧!


スマホ 熱い

スマホを触っていると急に熱くなってくる事ってありませんか?

 

急にスマホが熱を帯びてくるので壊れたのか!?と思ってしまう事だってあります。

スマホが熱くなっていると消耗して良くないというのは何となくわかるのですが、なんで熱くなっているかや対処法もわかりません。

そんな疑問に立ち向かいます!

SPONSORED LINK

スマホが熱くなる原因・対処法

スマホが熱くなる原因はバッテリーの発熱によるものです。

スマホは高機能ながら小さくまとまっているのですが、バッテリーにはかなりの負荷が掛かっています。

バッテリーの発熱を放置しておくと、劣化するだけでなく故障の原因にもなります。

負荷の高いゲームアプリを使っている

普通のアプリはそうでもないですが、負荷の高いゲームアプリで発熱が起こる場合が多々あります。

 

負荷の高いゲームは処理をたくさんしないといけないのが原因です。

もし、あまりにもスマホが熱くなってきたらゲームの使用を一旦やめて発熱を防ぎましょう。

アプリをバックグラウンドで立ち上げ過ぎている

スマホではアプリを閉じてもバックグラウンドで動いています。

その数が多いと当然、スマホに負荷が掛かってしまい発熱の原因を引き起こしてしまいます。

 

もし、バックグラウンドで立ち上げているアプリが多い場合はアプリを完全に終了する必要があります。

バッテリーの劣化を防ぐ為にも意識してアプリを終了させておいた方が良いでしょう。

スマホが熱くなった時はどうしたら良いのか?

一番は自然冷却!

アプリを完全に終了したり、必要なら電源を落としておきましょう。

そして、一番の方法は自然冷却だそうです。

 

無理にスマホを冷やすと故障の原因にもなるので、自然に熱が冷めてくるのを待ちましょう。

その他として、スマホカバーを外して熱を逃すことも考えましょう。

 

スマホケースをしていると熱がこもってしまうので、どうしてもスマホが熱を帯びやすくなってしまいます。

通気性の良いスマホケースにしたりすると発熱を和らげられるでしょう。

充電をしながらのゲームは危険!

iPhoneなどスマホを使いながら、充電もしている人も多いかと思いますが、実はスマホに負担がけっこう掛かってしまい危険です。

充電作業はバッテリーに電気を回復させる作業なのですが、同時にゲームなどの高負荷のアプリを使っていると充電と消費の両方の負荷でスマホがかなり熱くなってしまいます。

一度やってみればわかりますが、普通にスマホのゲームをしているときと、充電をしながらゲームをしているときでは全然違います。

それだけスマホに負荷が掛かっているということです。

当然、バッテリーが熱くなってしまうとスマホ自体の寿命も短くなってしまうので、あまりおすすめできません。

 

 

 

 

まとめ

スマホは小さいPCのようなものなのですが、PCと違い特別に熱を逃す装置があるわけではないのでどうしても発熱してしまいます。

それが負荷の高いゲームだったり、GPSだったり色々な要素があります。

 

特に最近は負荷の高いゲームも増えているので、スマホの発熱も気にしておくようにしましょう。

発熱して高温になったままスマホを使い続けるとバッテリーの劣化が激しくなり、急に充電が無くなったりもします。

スマホは便利な反面、壊れやすい・充電が劣化しやすいという点があるので正しく使って長持ちさせましょう♫

■合わせて読みたい記事

スマホは視力低下するのか?正しい予防で視力回復をしよう!

スマホで寝不足になってない?寝不足にならない為の対処法!

YouTubeの画質が悪い!高画質で見たい人は要チェック!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ネットショップを開くなら「BASE」!




ネットショップを始めたい人におすすめ!テンプレート多数!

CM放送中!おすすめのWebサービス!




おすすめ過ぎるWebサービス!スキルの売買が楽しい!

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る