【初心者必見!】スペースマーケットの始め方と運営方法を紹介します


スペースマーケット 始め方

スペースマーケットで古民家スペースを運営してみたノウハウ的なものを文章に残そうと思い、この記事を書きました。

この記事がおすすめの人

  1. スペース貸しを始めようと思っている人
  2. スペース貸しに興味がある人
  3. 空きスペースがあるのでうまく活用したい人
  4. Airbnbと併用したい人

など、ある程度貸せるようなスペースがあって運営したい人向けの記事になっています。

SPONSORED LINK

スペースマーケットの始め方

スペースマーケット 始め方

まずはじめに、スペースマーケットでの「スペース貸しの始め方」を解説していこうと思います。

  1. 貸し出すスペースを確保する
  2. スペースマーケットに登録する
  3. スペースの写真撮影をする

貸し出すスペースを確保する

まず、この貸し出すスペースを確保するのが最初のステップです。

スペースマーケットで貸しスペースを貸す場合に特に許可は必要ありませんが、どのような場所で貸すのかは注意しておいた方がいいですね。

主にスペース貸しの種類は・・・

  1. パーティー
  2. 会議
  3. 写真撮影
  4. ロケ撮影
  5. イベント
  6. 宿泊
  7. その他

などがあります。(宿泊は条件あり。)

自分がどの種類のスペース貸しをしたいかによって、スペースを確保する必要があります。

わたしの場合は、古民家スペースとして一軒家を運営したかったので、パーティー・写真撮影・ロケ撮影・イベントなどですね!

実際に来られる方は10人以上の団体が多いです。

スペースを借りる人をイメージして、スペースを準備していくといいですね!

スペースマーケットに登録をする

スペースマーケットでのスペースの登録はそこまで難しくありません。

  1. スペースの名称
  2. スペースの写真
  3. 会場の種類
  4. 会場の説明
  5. 営業時間

以上の項目があるので、写真はすぐには用意できないと思いますが、その他はなるべく早く下書きをしておくといいです。

下書きをしながらスペースの準備も進めていくとGOODです。

>>スペースマーケット

スペースの写真撮影をする

もっともスペース貸しで力を入れたいのがスペースの写真撮影です。

iPhoneで写真撮れるしそれでいっかー!と思っていたら、大まちがい!

しっかりとカメラで撮った写真を使いましょう。

お客さんがスペースを選ぶ基準もほとんどが写真に左右されるので、出来れば写真撮影はカメラマンに依頼する方がいいです。

 

最近では、写真撮影の出張サービスを一律2万〜2万5千円でしてくれるのでそういったサービスを利用するのもありですね。

>>fotowa(フォトワ)

スペースマーケットの運営方法

スペースマーケット 運営方法

さあ、スペースを公開したらスペースの運営方法を把握しましょう!

おおまかな流れを説明すると・・・

  1. 運営できるスケジュールを設定する
  2. 予約が入る
  3. メッセージのやり取り
  4. チェックイン
  5. チェックアウト
  6. レビューの投稿

このような感じとなっています。

一つづつ説明していきますね。

運営できるスケジュールを設定する

スペースマーケット上のカレンダーで、予約を受け入れられる日程・時間を設定できるので設定しましょう。

また、Googleカレンダーやその他のサービスのスケジュールと同期もできるので設定しておくと便利です。

予約の入った1時間後は清掃時間を設けるなどの設定もできるので、スケジュールの管理はしっかりとしておきましょう◎

予約が入る

スペースの予約が入ると通知がきます。

予約が入ると同時に、「予約承認時の定型文」が送信されるので必ず設定しておきましょう。

予約承認時の定型文には、ゲストの方に知っておいてもらいたいことなどを明記しておくとスムーズです。

予約が入ると、「予約者の名前」「日にち」「時間帯」「予約のプラン」などが記載されています。

メッセージのやり取り

予約後は、ゲストの方とメッセージのやり取りができます。

わたしの場合で言うと、「車でくるかどうか?」「場所の説明」などをします。

団体ですと駅近ならいいですが、車で来られる人には配慮して駐車場の情報を教えてあげるといいでしょう。

場所の説明はわかりづらい場合もあるので、わたしは「ココナラ」というサービスで立体地図を作成してもらいました◎

しっかりとした立体地図を作ってもらったのですが、お値段はなんと500円でした(笑)

>>ココナラ

チェックイン

チェックイン時は、立ち会う人もいますし、スマートロックなどの機器を使って無人で行う人もいます。

わたしは基本的にチェックイン時には立ち会うようにしています。

実際に会って家の説明をする方がゲストの方も安心ですし、こちらも安心です。

 

チェックアウト

チェックアウト時は、忘れ物がないかだけ見ておくといいと思います。

万が一、忘れ物があると後々メッセージのやり取りをしたりして手間が増えるので、忘れ物がないようにチェックしましょう。

レビューの投稿

レビューを投稿してもらうことは、スペースの予約アップにも繋がるので積極的にレビューをしましょう!

こちらからレビューをして、ゲストもレビューをすると公開されます◎

まとめ

スペースマーケット まとめ

スペース貸しの始め方

  1. 貸し出すスペースを確保する
  2. スペースマーケットに登録する
  3. スペースの写真撮影をする

スペースの運営方法

  1. 運営できるスケジュールを設定する
  2. 予約が入る
  3. メッセージのやり取り
  4. チェックイン
  5. チェックアウト
  6. レビューの投稿

以上のような感じで「スペースマーケットの始め方」を解説してみました◎

いかがだったでしょうか?

これからスペースマーケットの運営を始める方の参考になれば幸いです♪

Twitterもやっていますので、何か質問があればお答えします。

>>@kshirai52

スペースマーケットで必要だったもの

ここはわたしがスペースで使用しているWiFiやルーターやプロジェクターの紹介をしています。

WiFi

月間通信制限なし!民泊Wi-Fi【famifi】

こちらはポケットWiFiですが、①申し込み後2〜3日で使える②月間通信制限なし③契約期間の縛りなしという特徴があります。

ちなみにわたしはこのfamifiを契約して、フレッツ光も契約していますが、正直famifiだけでもよかったです。

famifiは通信速度は早いわけではありませんが、ポケットWiFiで持ち運べるので便利です。

部屋の大きさにもよりますが、一軒家の1階に置いていて2階でも使えるくらいなので通信の範囲は広いと思います。

ルーター

先ほどにも書きましたが、わたしはフレッツ光に申し込みました。

ルーターも必要だったのでアマゾンで買いましたが、おすすめは設定が簡単にできるNECルーターです。

 

プロジェクター

スペースにあった方が良いものの一つとして、プロジェクターが挙げられます。

わたしは高価なものを揃えるのは無理だったので、けっこう最安値くらいのプロジェクターとスクリーンを導入しました(笑)

 

 

 


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る