イギリス発祥の木に固定して地面から浮くテント「テントサイル」がすごい! 


テント ハンモック

みなさん、地面から浮くテントがあるって知っていますか?

とてもユニークなテントやハンモックを販売している「Tentsile(テントサイル)」というメーカーがあります。

夏といえば、キャンプにバーベキュー!

グッズを揃えるのが趣味な人も多いことでしょう。

ぜひ、チェックしてみてください!

 

【参考】木に固定して、地面から浮く、世界で1番ユニークなテント!

 

SPONSORED LINK

大人の秘密基地!イギリス発祥の天空に浮かぶテント!

浮かぶテント

写真を見てもらえばわかる通り、テントサイルのテントは普通の地面に固定して使うテントとは違い、木に固定して使うテントとなっています。

見てもらえばわかりますが、宙に浮いています。

 

実際にはロープで木に3点を固定して、すべてが宙には浮いているわけではないんですけどね(笑)

それでも、テントをまるでハンモックのように吊るしている光景はユニークですね!

 

テントサイルはイギリス発祥の浮かぶテントです。

テントサイルとは?

テントサイルを一言で説明すると「ロンドン生まれの浮かぶテント」です。

「空中に浮く、自分だけの空間」を手に入れれば、誰もが心躍るもの。

木などに3方向からしっかり固定して浮かせる三角形のテント空間は、
アウトドアにかつてない可能性を与えてくれます。

子どもの頃に思い描いた「秘密基地」のイメージそのままに、
あの頃のワクワクを、そのまま形にできるテントなのです。

これ一つで、毎日をもっと楽しく、より豊かに彩ることができるはず。

そして、もう一つの重要な使い方が、災害時にも活躍するということ。

もともと、洪水災害の多いイギリスで避難にも使えるようにと作られたこのテントサイル。

地震や津波、台風、大雨など、多くの自然災害に見舞われる日本においても、
なるべく負担の少ない避難生活を送ることができる可能性も秘めています。

そういう意味でも、家族の心強い「秘密基地」となるでしょう。

懐かしくも新しい遊び心、そしていざというときの安心感を手に入れるために、
ぜひ一度テントサイルをご体感ください。

参考テントサイルジャパンより

テントサイルの魅力

テントサイル 魅力

  1. 3点の支柱があればどこでも設営できる!
  2. 誰でも簡単に設営!約10分!
  3. 商品の組み合わせで自由自在!
  4. ハンモックのような安心感!
  5. 地面から浮いているので虫対策にもなる!
  6. 水洗いできてお手入れ簡単!

使い方次第で、まだまだテントサイルの魅力がありそうです。

テントサイルは一人用から多人数まである

FLITE+ Tree Tent(1名用 フライト)

テントサイル フライト

商品はこちら>

Connect tree tent(2名様 コネクトツリー)

商品はこちら>

Vista Tree Tent(3人用 ビスタ)

テントサイル

商品はこちら>

Stingray Tree Tent(3名用 スティングレイ)

商品はこちら>

テントサイルの動画

Girls night in- The Trial from Womens Mountain Collective on Vimeo.

Obuse Tentsile from Tatsuya Ino on Vimeo.

まとめ

テントサイルはこれまでの地面に設置するタイプのテントとは違い、木に固定して浮かせるテントなので、とても革新的なテントですね。

ハンモックのような感覚でテントに入れるので、まさに秘密基地のような感じです。

動画もありますので、ぜひ見てみてください!

ユニークなテントでキャンプをより一層楽しみましょう!


 木に固定して、地面から浮く、世界で1番ユニークなテント!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ネットショップを開くなら「BASE」!




ネットショップを始めたい人におすすめ!テンプレート多数!

CM放送中!おすすめのWebサービス!




おすすめ過ぎるWebサービス!スキルの売買が楽しい!

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る