家のチャイムが壊れた!ワイヤレスチャイムが断然安くておすすめ!


ワイヤレスチャイム

チャイムが壊れたけど、すぐに直すにはお金が・・・

そんな人も多いことでしょう。

そうです、わたしもそんな考えの一人でした。

 

特に『ワイヤレステレビドアホン』なんて、数万円するのですぐには変えられないし、どうしようか・・・と途方に暮れていました。

そんなときに、ふとAmazonサーフィンしてみると、ありました。

安価なチャイムがね・・・

SPONSORED LINK

普通のワイヤレスチャイムは意外と安い!

ワイヤレスチャイム

わたしが購入したのは、「音が鳴るだけのワイヤレスチャイム」です。

 

チャイムというと、モニター付きで工事も必要という先入観がありましたが、そこまでモニターにこだわりがなければ、ワイヤレスチャイムでも十分事足ります。

そんなわけで、わたしが購入したワイヤレスチャイムについての詳細を書いていきましょう!

 

ワイヤレスで配線工事不要!

ワイヤレスチャイム 設置

わたしが購入した『Tenswall』のワイヤレスチャイムはコンセントにさして簡単に使えるタイプです。

  1. 本体をコンセントにさす
  2. 呼び鈴のボタンをドア付近や門の付近に貼る
  3. 以上で完了!

ものすごく簡単に設置できるので、購入したその日にでもチャイムが設置できます。

特に難しいこともなく、ただ本体をコンセントにさして、呼び鈴ボタンをマンションならドアの近くや、一軒家なら門の近くに両面テープを剥がして貼り付けます。

本当に簡単に設置できて、配線工事も不要なので、すぐにチャイムを設置したい人にはおすすめ!

音量もかなり出るので家中に聴こえる!

購入して家に届いたときに、試しにデスクのコンセントにつないで音量を確かめてみました。

 

かな〜〜〜りの音量が出ます。

 

予想していた音量の5倍くらいは出ていて、音量が小さくてダメということはなさそうです。

音量自体は本体のボタンで調節できるので、大丈夫ですね。

音色を変えられる

なんと約50曲の音楽が無駄に選べます。

なんというこだわり!

 

色々と音楽を選択して聞いてみましたが、わたしは呼び鈴として使うので普通のチャイムの音にしました。

場所によっては、色んな音楽にして楽しめるというのもいいかもしれませんね!

圧倒的に値段が安い!!

気になるお値段ですが・・・

 

約1600円です(2017年7月現在)

 

安くないですか?

ワイヤレステレビドアホンだと1万円〜2万円が妥当なので、それに比べると圧倒的に安いですね。

そりゃ、テレビドアホンの方がいいですが、安さで選ぶならワイヤレスチャイムで十分かと。

 

ワイヤレスチャイムでいいよという人には、安価でおすすめです!

まとめ

家のチャイムが壊れてどうしようかと迷っている場合、すぐに工事をして設置するのは二の足を踏んでしまうことだってあります。

まして、テレビドアホンだとそこそこな値段がするのでなおさら!

 

そんなときは配線工事不要のワイヤレスチャイムをパパッと取り付けてみるのもいいでしょう!

音量も十分ありますし、呼び鈴が聞こえないということもないです。

 

デメリットは、「モニターがないので相手の顔がわからない」ということですね。

ただ、それものぞき穴で見てみたり、一軒家なら窓から見ればいい話です。

 

簡単に設置できて安価なので、チャイムが壊れてしまって至急なんとかしないといけない人には良いでしょう!

以下、Amazonの概要欄です。

 

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る