【ヤフオク】初心者が0から始めて売り上げを上げる10のコツ


ヤフオク 初心者

みなさま、「ヤフオク」はしたことがありますでしょうか?

 

ネットで簡単にできるオークション形式の出品サービスですが、ヤフオクにもコツみたいなものがあるんですよね。

ヤフオクを利用している人でも、人それぞれだとは思いますが、一つの方法として売り上げを上げるコツを紹介していきたいと思います。

ヤフオクをしている人ならけっこう当たり前な方法なのですが、知らない人にとってはタメになるかと思うので、ぜひ記事を読んでみてくださいな。

それでは、いってみましょう。

【こちらの記事もどうぞ】【ヤフオク】初心者でもわかる!スマホアプリでの出品や管理の仕方を説明

SPONSORED LINK

ヤフオクのコツは「売れる商品を知ること」

ヤフオク 初心者

ヤフオクの需要と供給

ヤフオクでは、毎日いろんな商品が出品されたり、落札されたりしていますよね?

なんでそこまで商品が流通しているかと言うと、ヤフオクというプラットフォームで需要と供給がけっこうあるからです。

需要は、ヤフオクで言うと「安く商品を買いたい」ということ。

供給は、ヤフオクで言うと「高く商品を売りたい」ということ。

 

安く商品を買いたいというのは、新品を買うよりも中古でいいから安くかいたいような人もいれば、中古でも未使用品で値段の安くなっているものもあったりします。

高く商品を売る場合だと、家にあった不用品を売って一円でもお金に変えたい人や、安く商品を仕入れてなるべく高く売ったりしたい人など、様々です。

 

で!ヤフオクのコツとしては、「売れる商品を知る」ということですが、これは単純に「どれくらいの人がその商品を欲しがっているか」ということになります。

どれくらいの人がその商品を欲しがっているかオークファンで調べる

どれくらいの人がその商品を欲しがっているのか、というのは正直わかりません。ただ、どれくらいの人がその商品を欲しがっていたかというのはある程度、わかります。

 

というのも、オークファンというサイトを利用すれば、過去にヤフオクで出品された商品がどれくらいの入札で、どれくらいの値段で落札されたかがわかるからです。

ヤフオク コツ

例えば、「○○○←商品名 ▲▲▲←型番」などで検索すると、過去のデータが出てきます。

オークファンは会員登録をすればツールを利用できるので、ヤフオクをするなら利用すると便利です。

たしかオークファンプレミアは月額1000円くらいで、普通のやつは会員登録だけでよかったはずです。

 

そして、過去の入札や落札金額がわかれば「売れる商品を知ること」ができます。

単純に、過去に入札のない商品は売れる可能性が低いですし、入札の多い商品は売れる可能性が高いです。

ここらへんは闇雲に商品を出品するより、オークファンなどのツールに頼ったほうがいいのかなと思います。

検索してもわからないような、骨董品などについてはこの限りではありませんが・・・

 

そういうわけで、売れる商品を知るというのが一つ目のヤフオクのコツですね。

ヤフオク分析ツール!オークデータ会員登録

売れる商品を検索と経験で探す

ヤフオク 初心者

ある程度、売れる商品を検索したりしているとどんなメーカーのものやどんなタイプのものが売れるかわかってきます。

だいたいで売れる商品の傾向を列挙していくとします。

趣味関係のものは入札と落札金額がいい感じ

ヤフオクでは本当にいろんな商品が出回っていますが、けっこう趣味関係のものは入札が多かったり、落札金額が高かったりします。

例えば、トミカ鉄道模型なんかは「こんなものがこの値段で売れるの?」という感じで取引されています。

 

他にも、CDやDVD、オーディオ関係だったり無線関係だったり、『趣味関係』はいい感じです。

それだけ需要があるんでしょうね。

新品や未使用品・美品は売れやすい

ヤフオクでは、『新品』と『中古品』での販売を選択できますが、やっぱり新品の方が売れやすいです。

中古品でも、未使用品だったり、美品などコメントを付けていると売れやすいですね。

やっぱり状態の良いものの方が需要は多いので、当たり前といえば当たり前か・・・

 

それでも普通の中古品と、新品or未使用品ではぜんぜん入札の数も落札金額も違うので要チェック。

壊れているものでもジャンク出品?

意外とヤフオクではジャンク品の出品も多いように思います。

ジャンク品とは、正常に動作しないものや傷や汚れがけっこうあるものなど、いわゆる『ガラクタ商品』ですが、部品取りで落札する人などもいるみたいなので、ジャンク品の需要もある程度あるようです。

例えば、ルンバのジャンク品などはけっこう売れたりするので、壊れてしまったルンバは捨ててもいいですが、意外とヤフオクでも売れるから売ってみたらジャンク品として落札されるかもしれませんよ。

どんなジャンルにも高額な商品はある

ヤフオクのカテゴリはめちゃくちゃたくさんあるのですが、それらのカテゴリの中でも高く売れるものが絶対あります。

例えば、ラジオにしてもいろんなものがありますが、SONYの古いラジオで2万円くらいで落札されていたものもあります。

こんなラジオが2万円!?

そんな感じで、どのカテゴリでも高額で売れる商品があるので、商品を探す場合はこれは売れないだろうと先入観を持つんじゃなくて、いろんな商品を探すと良いかと思います。

フリマアプリも併用する

副業としてヤフオクを利用する人はたくさんいるかと思いますが、最近ではフリマアプリも人気ですね。

わたしも「メルカリ」や「ラクマ」を使ったことがありますが、けっこう良い感じです。

ヤフオクと併用して使うといいでしょう。

 

フリマアプリの特徴としては・・・

  1. すぐに売れることがある
  2. グッズなどが多い
  3. 小物が多い

こんな感じですかね?あまりビジネス向きではないのですが、意外と売れることもあるのでチェックしておいた方がいいでしょう。

まとめ

ここまで淡々と書きましたが、まとめてみると・・・

  1. ヤフオクのコツは「売れる商品を知ること」
  2. 売れる商品を検索と経験で探す
  3. どんな商品にも高額なものがある
  4. フリマアプリも併用する

このような感じですが、随時更新していくとします。

ヤフオクは、パソコンでもできますがスマホのアプリもけっこう便利です。

btn_appStore btn_googlePlay

 

肝心の仕入れについて・・・

と、ここまで書きましたが「肝心の仕入れはどうするねん!」と思ったでしょう。

仕入れに関しては人それぞれなので、アドバイスというアドバイスはできませんが、リサイクルショップブックオフ、はたまたヤフオクで仕入れなど、いろんな方法があるでしょう。

極端な話、道端に落ちているものでも売れることだってあるかもしれません。

 

ただ、一つ言えるのは「ヤフオクは情報戦」だということです。

売れる商品は売れるし、売れない商品は売れません。

それをいかにして情報を集めるかが、ヤフオクで副業を成立させるコツでもあります。

 

ちなみに、冒頭に挙げた「オークファン」は東証マザーズに上場している会社が運営しているサイトです。

売り上げはそれだけではないと思いますが、オークファンがなぜ有名かというと、それだけの情報を扱っているからだと思います。

仕入れ情報に関しても、月刊ニュースレターという仕入れ情報の有料サイト(月額約5000円)を運営しています。

 

以上の様に、ヤフオクにおいては「情報を制するものがヤフオクを制する」というスラムダンクの名言ばりのコツがあると言えます。

ぜひ、これからヤフオクで副業を始めようと思っている人は、なるべくたくさん情報を仕入れて、知識と経験を増やしていくことをおすすめします。

以上、「【ヤフオク】初心者が0から始めて売り上げを上げる10のコツ」でした!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る