【ヤフオク】初心者でもわかる!スマホアプリでの出品や管理の仕方を説明


ヤフオク スマホアプリ

最近、ヤフオク関連の記事を書くことが多いのですが、家にある不要品などでも出品してみれば売れることが多いので楽しいですよ。

メルカリ」「ラクマ」などのフリマアプリでもいいのですが、けっこうフリマアプリって相場観がわからないので適当に値段をつけてしまいがち。

 

実は、ヤフオクのスマホアプリもかなり使いやすくて、わたしもヤフオクのスマホアプリで出品しています。

どういう点が使いやすいかというと・・・

  1. スマホに慣れているとすぐに出品できる
  2. スマホで写真を撮ってすぐに添付できる
  3. スマホで通知を受け取れる

こんな感じで、普段スマホを使っている人なら断然、ヤフオクのスマホアプリの方が使いやすいですね。

そういうわけで、ヤフオク初心者向けにスマホアプリでの出品の仕方を紹介!

apple google

【合わせて読みたい記事】

【ヤフオク】初心者が一から始めて売り上げを上げる10のコツ

ヤフオク出品代行を活用して作業量を減らそう!

SPONSORED LINK

ヤフオク!アプリで出品しよう!

ヤフオク スマホアプリ

(ヤフオクのアプリの管理画面)

ヤフオクのアプリでの出品はそこまでややこしくないです。

簡単にヤフオクの流れを説明すると・・・

  1. 商品の写真を撮る(スマホでOK)
  2. アプリで商品説明や写真の貼り付け、送料の設定などを行う
  3. 出品!
  4. 落札後、落札者から連絡(配送先、入金)があるので、必要であれば送料を連絡
  5. 入金後に梱包・発送!

以上のような感じとなっています。

簡単にまとめると、出品→落札→梱包・発送という具合ですね。

出品はオークション形式!

ヤフオク スマホアプリ

ヤフオクの良さはオークション形式で出品できることですね。

フリマアプリだといくらで値段を付ければいいかわからないこともあるので、安かったり高かったりすることもありますが、ヤフオクだと安くても魅力ある商品だと値段が上がりますし、高ければ落札されません。

それもそれで難しいのですが、わたしはだいたいの売れそうな値段の半値くらいで出品しています。

安く買い叩かれることを避ける』のと、『ある程度の入札数を稼ぐ』という狙いがあります。

人気商品なら1円出品などでもいいのですが、入札が少ない商品を1円で出品してしまうと1円で落札されることだってあります。

そういうわけで、だいたいの相場の半値くらいですね。

 

ヤフオクの相場については、こちらの記事でまとめています。

【CHECK】【ヤフオク】初心者が一から始めて売り上げを上げる10のコツ

ヤフオク!アプリでの出品の手順

ヤフオク スマホアプリ

(ヤフオクのアプリの出品画面)

これからヤフオクのスマホアプリで出品してみようかなという人向けに出品の手順を紹介していきます。

スマホアプリの出品項目はというと・・・

  1. 写真(基本的に3枚)
  2. タイトル
  3. カテゴリ
  4. 商品説明
  5. 価格と個数
  6. 商品の状態
  7. 終了する日時
  8. 決済方法
  9. 配送方法
  10. 取引オプション
  11. 有料オプション

写真3枚

ヤフオクの商品で扱える写真の枚数は基本的に3枚となっています。

3枚の写真でその商品がどんな商品かわかるように撮らないといけません。

ただ、基本的に3枚としたのはヤフオクではHTMLが使えるので、写真の枚数はツールを使えば増やすことができます。

以上のようなHTML作成ツールを使えば4枚目以降の画像を追加していくことができます。

注意点としては、画像の保存期間が15日間や30日間と決まっている、ということです。

また、1日の利用制限などもあるのでうまく利用してみるとよいかと思います。

タイトル

タイトルは重要ですが、その商品がわかるように書ければ大丈夫です。

家電とかなら、「メーカー名」「製品番号」などですね。

抽象的に書くのではなくて、具体的に書きましょう。

商品も検索でヒットすることを考えると、例えば「可愛いぬいぐるみ」よりも「ディズニーのぬいぐるみ」とかの方がいいわけです。

カテゴリ

カテゴリはけっこう重要ですね。

最近では、タイトルを付けると自動的にカテゴリを提示してくれるので便利になっています。

ただし、あくまで自分で決めないといけないのでしっかりと吟味しましょう。

いまいちわからない人は「オークファン」から同じ商品を検索してみて、ヒットして出てきた商品を参考にカテゴリを決めるのも一つの手です。

商品説明

商品説明は、言うまでもなくかなり重要度が高いです。

他の出品者を参考に一度しっかりとテンプレートを考えてみてください。

スマホでも一度作ったテンプレートは保存して使えるので、一度作ってしまえばOKです。

商品説明・本体のサイズ・注意事項・配送方法などを明記しておくことで、後々のトラブルを避けられることもできるので、この商品説明を適当に作ってしまわずにしっかりと作り込みましょう。

価格と個数

価格については人それぞれですが、わたしの場合ですと、「オークファン」で相場を調べます。

入札数がある程度多い商品

真ん中よりやや安めの値段で出品することが多いです。

これも考え方で違ってくるのですが、意識していることとしては、「安く買い叩かれないようにする」「ある程度の入札数を獲得する」ということです。

入札数も多いので、勝手に値段が上がってくるのであとは落札まで待つだけです。

入札がある程度少ない商品

条件などを考慮しながら、高値で落札されている商品を参考に値段を付けます。

意識していることとしては、「安く買い叩かれないようにする」「ある程度の時間をかける」という感じです。

商品によってやっぱり入札が少ない商品もあるので、安い値段で出品しても入札が少なく自分が思っているよりも安く落札される場合があります。

それを避けるために、過去の落札価格を調べておくと買い叩かれるのも避けられる場合が多いです。

ある程度の時間は掛かりますけどね・・・早く売りたい場合は安く設定してもOKです。

即決価格

これはあまりわたしは使わないのですが、確実に売れる商品なら即決価格を設定してもいいのかなーという感じです。

入札が多い商品だとオークション形式だと勝手に値段が上がっていきます。

そういう商品だと即決価格を設定していると、即決で購入する人もいます。

この即決価格もだいたいの相場を調べて設定しないと意味がないので、事前に調べましょう。

商品の状態

商品の状態は、「中古」「新品」「その他」とありますが、 中古か新品がほとんどですね。

その他っていつ使うんだろうか・・・使ったことないですね。

「返品不可」や「返品可」なども選べますので、ここらへんは臨機応変に。

終了する日時

終了する日時は1週間で選べます。

これも短期間で出品する人週末で出品する人など様々ですが、わたしは週末で終了することが多いです。

そして、時間的には夜で終了することが多いです。

ヤフオクの出品物の多くが夜に終わることが多いので、ここらへんは夜に設定する方が無難です。

決済方法

決済方法に関しては、ヤフオクだと『Yahoo!かんたん決済』が利用できるので必ず設定をしておきましょう。

落札する人の9割くらいはかんたん決済を利用しているので、めちゃくちゃ便利です。

追加で振込先を設定することもできるので、自分の持っている銀行口座を設定することもできます。

配送方法

配送方法などは、順番に設定していけば良いのですが、これも商品によって使い分けるといいでしょう。

最近では、「ヤフネコ!パック」や「はこBOON」「はこBOONmini」などヤフオクと提携して便利なサービスもあります。

また、郵便局の「レターパックプラス」や「レターパックライト」を併用するのもおすすめです。

【参考】【徹底比較】レターパックプラスとライトの料金とサービスを比較

 

梱包方法はネットで調べれば出てくるのですが、参考程度にわたしの梱包方法も載せておきます。

【参考】メルカリやラクマやモバオクでの梱包方法や配送方法のまとめ

取引オプション

これは入札者の利用制限などを制限できるので、悪い評価からの入札はできないように設定しておきましょう。

有料オプション

有料のオプションは出品する商品を目立たせるために設定できるオプションです。

わたしは基本的に使わないのですが、入札が多くて良い商品なら高値で落札してほしいので最後の1日だけ「注目のオークション」を使ったりします。

週末だけ注目させるのも一つの手なのですが、実際に効果があるかはそのときによりけりですね。

まとめ

ヤフオクのアプリでの出品手順はこのような感じで、けっこう簡単に出品できますね。

ちょっと前までは、パソコンで出品するのが一般的でしたが、今ではアプリで出品している人も多いんじゃないでしょうか?

それだけスマホも普及していますし、今ならヤフオクのスマホアプリで出品すると1000ポイントもらえたりするので、ぜひ始めてみてはどうでしょう。

 

ヤフオクを利用するには『Yahoo!プレミアム』の登録が必要です。

 

スマホが普及してヤフオクもかなり便利になりましたね。

サラリーマンの副業や主婦の小遣い稼ぎくらいなら、けっこうヤフオクのアプリがおすすめなのでぜひ、始めてみましょう。

【CHECK】【ヤフオク】初心者が一から始めて売り上げを上げる10のコツ

 

以上、「ヤフオクのスマホアプリ出品の手順」でした!

SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

KOHEI SHIRAI

KOHEI SHIRAI管理人

85年生まれの神戸在住。ブログ運営やWebサイト制作、iPhoneアプリ開発、物販などしています。ミニサイト(http://workoutmeshi.com)現在は田舎で民泊をする準備中・・・気ままにやっていますので、よろしくどうぞー!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インテリアとしても魅力の「AURA STUDIO」

煙の出ないロースター「ザイグル」

薄くて軽いデジカメ「Canon PowerShot G9」

最高級メンズシェーバー「フィリプス9000」

筋質点数がわかる体組成計「インナースキャンデュアル」

ふわとろ雪のかき氷器「電動ふわふわとろ雪」

ハイグレード・ロボット掃除機「ルンバ880」

Facebookページ

▼過去記事を見る▼

ページ上部へ戻る