Youtuberに向いている人はどんな人?意外とあなたは向いているかもしれない5つの考察


スクリーンショット 2014-11-29 23.09.46

【参照】ブロガーに向いている人はどんな人?意外とあなたは向いているかもしれない5つの考察

昨日の記事に引き続き、今日は話題のYoutuberについての考察を書いていきたいと思います。

Youtuberとは狭義には「Youtubeの動画再生によって得られる広告収入を主な収入源として生活をする人たち」という事ですが、世間一般には「どこからどこまでがYoutuberなの?」と思ってしまいます。

 

先日も爪楊枝混入事件で逮捕された少年がいましたが、厳密に言うと彼はYoutubeの動画再生で収入を得る「パートナープログラム」には参加していなかったとの事なので、Youtuberには定義されないようですね。

しかし、世論は「Youtubeに動画を投稿している人=Youtuber」という認識はあると思うので、難しいところですね。

 

ただ今回は「Youtubeの動画再生によって得られる広告収入を主な収入源として生活をする人たち」という点で考えたいと思います。

Youtubeに動画を投稿している人なんて腐るほどいますからね・・・

さて、前置きが長くなってしまいましたがYoutuberに向いているんじゃないかなーと思うタイプを挙げてみたいと思います。

SPONSORED LINK

何か特技を持っている人

これはYoutubeに動画を投稿する一番の動機になるのかもしれません。

自分に特技がある=Youtubeに動画を投稿して稼ぐ

特技というのは、有名なYoutuberで言えば「ヒューマンビートボックス」や「英会話」だったりします。

それをうまく動画に撮って、編集してという作業を経てYoutube上に投稿していると思います。

何か特技がある人は何もできない人よりYoutuberとしてやっていける素質はあるのだと思います。

喋るのが大好きな人

これは正直、一番大事なんじゃないかと思います。

大抵のYoutuberは喋りを基本としてますし、喋るのが好きじゃないとできないです。

 

喋るのが好きな人でも、喋りが上手い人?面白く喋られる人?などYoutuberには様々いるとは思いますが、どの人も人を惹き付ける喋り方をしているのは確かだと思います。

だって、ぼそぼそっと喋っている人なんて誰も見てはくれないですからね。

そういった点で、人を惹き付ける喋り方ができる人というのはYoutuberに向いていると思います。

パソコンが好きな人

これはブロガーの時にも挙げましたが、基本的にネットでの作業はパソコンが必須です。

スマホだけで完結できるかもしれませんが、動画の編集などを考えるとパソコンなしでは厳しいです。

恐らくパソコンに疎いYoutuberなんていうのもいないんじゃないかと思います。

なので、パソコンが好きな人はYoutuberの資質を兼ね備えているかもしれませんよ。

目立つのが好きな人

Youtuber=目立つのが好き」と言っても過言ではないくらい、目立ちたがり屋には向いていると思います。

これは決して悪い意味ではなく、いい意味で目立つのが好きじゃないと決してYoutuberとしてやっていけないと考えるからです。

日がなYoutubeの動画を撮る訳ですから、「オレは、ワタシは目立つのが好きなんだ!」くらいじゃないとやっていけないと思うからです。

 

まあ色んなYoutuberの人もいるとは思うので、全員が目立ちたがり屋かというとそうではないと思いますが引っ込み思案がYotuberに向いているわけがありません。

という事で、目立つのが好きな人はYotuberになってみてはどうでしょうか?

みんなの笑顔が見たい人

意外と当たらずといえども遠からずな「みんなの笑顔が見たい人」。

Youtubeに動画を投稿する動機が「お金を稼ぎたいから」というのはありますが、お金だけが動機だと長くは続かない気がします。

 

なぜなら、お金を稼ぐという事を動機にしてしまうと、お金を稼げなかった時に挫折してしまうからです。

Youtuberという特殊な業界に身を置いている人は、「みんなの笑顔が見たいんだ!」くらいどしっと構えていないと出来ないような気もします。

という事で、みんなの笑顔に応えられる猛者はYoutubeの世界に入ってみてはどうでしょう?

400万人に愛される YouTuberのつくり方

まとめ

Youtuberと言われる特異な業界で働いている人たちになりたいと思っている人もいると思いますが、現実はかなり厳しいんじゃないかなーと思っています。

こちらの記事にも述べられていますが、Yotuberのレベルで考えるとほとんどが中堅未満なわけで狭義にYotuberと言われる「Youtubeの動画再生によって得られる広告収入を主な収入源として生活をする人たち」はごくわずかです。

しかし、ネット上にも様々な情報が出ていますがYotuberとして売れると相当稼げるみたいですし、目指す価値のある業界だとは思います。

自分に向いていることなんてわからない事が多いので、Youtuberとして収入を得るという事があなたに向いているかもしれませんよ。


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る