ゆるい移住をしてみたら?福井県鯖江市なら最大半年間家賃無料!


full (2)

ゆるい移住WEBサイト:http://sabae-iju.jp/

参考:「家賃無料」で田舎を体験 ~鯖江市の「ゆるい移住」という実験

福井県の鯖江市で「ゆるい移住」という事業が始まるそうです。

SPONSORED LINK

ゆるい移住をしてみたら?福井県鯖江市なら半年間家賃無料!

最大半年間、家賃無料で移住を体験できるそうです!

詳しくはゆるい移住WEBサイトとプレジデントの記事を見てもらいたいのですが、福井県の鯖江市で新たな取り組みとして「ゆるい移住」というのを始めるようです。

概要

ゆるい移住は、これまでの移住して仕事を促進したり、起業支援などとは違って基本的に個人のしたい事を尊重してくれるという事があるようです。

本当にゆるーく移住してみたい人向けに企画しているようで、最大半年間で家賃無料で住居を提供してくれますが移住者が何をやろうと自由みたいです。

これまでのIターン事業や移住促進事業は、地元企業への就職や、農業や地場産業に就くことを斡旋するもの、地域資源を活用した起業促進を目的とするようなものがほとんどでした。

つまり、そのまちに住んで何をするのか、受け入れ側によってあらかじめ目的が明確に設定されていました。

でも今回の「ゆるい移住」事業は、そういった出口をあえて一切決めず、市が管理する住宅を県外の移住希望者に家賃無料でしばらく開放し、共同生活をしてもらう。

そして、まずは気軽にまちでのくらし体験をしてもらおう、という実験的な地方創生プロジェクトです。

参考:「家賃無料」で田舎を体験 ~鯖江市の「ゆるい移住」という実験より

確かに、移住となると初期費用として家賃などは掛かってしまうのでまとまったお金が必要です。

それを最大半年間無料で移住できるというのはかなり移住しやすいですね。

移住について

やっぱり、もしわたしが住んでいる神戸からどこか地方移住するとなるとネックとなってくるのが、「仕事」「住む場所」「人間関係」などが挙げられます。

仕事

移住先での家賃支払いがすぐに発生するとなると、そのための収入確保を先に考える必要があり、どうしても「仕事ありき」になってしまいます。もちろん仕事も大切ですが、そればかりに縛られると移住計画はどんどん窮屈になり、まちを楽しむ余裕もなくなってしまいます。それでは全く意味がありません。

生活を営む以上、仕事を探してお金を稼ぐというのは考えなければなりません。

地方へ移住して仕事があるかというと、実際に行って職を探してみないとわかりませんよね。

仕事をやめて、今住んでいるところを離れるというのは本当に勇気がいります。

移住と仕事は一番考えないといけない事だと思うので、移住をしたいなーと思っている人でも「移住して仕事が見つからなかったらどうしよう。」と考えてしまいますよね。

逆にどこでも仕事ができる「ノマドワーカー」と呼ばれる人はどんどん移住してみたらいいんじゃないかなーと感じます。

インターネットがあれば仕事ができる人なんて移住したい放題な気がします。

住む場所

移住となると、住む場所が重要ですよね。

実際に自然の豊かなところへ移住してみたくても、住む場所が見つからないと移住できません。

その分、この「ゆるい移住」は住む場所を最大半年間無料で提供してくれるので移住のハードルは低くなっています。

一応、共同生活という事になっているので共同で生活する人や市の方とコミュニケーションを取る必要がありますが、そこもゆるい移住のポイントじゃないかなーと。

ゲストハウスとか好きな人はいいんじゃないでしょうか?

人間関係

移住して住んでいる人と馴染めなかったらどうしよう?と考える場合もありますよね。

そこらへんは実際に住んで人と触れ合ってみないとわからないですが、移住をしたい人って人とコミュニケーションを取りたい人が多いと思うんですよ。

実際に移住している人は自分の店を開いたりしたり、観光地で働いてみたり人と触れ合うことありきで移住していますよね。

ゆるい移住は共同生活ありき、地方でのコミュニケーションありきなので人と接するのが好きな人は向いてそう。

まとめ

ゆるい移住については楽しそうな企画だなーと!!

「ゆるい移住」プロジェクトは、移住期間中に何をするか、完全に参加者の自由です。

趣味に没頭してもいいし、新しい活動や仕事を探してもいい。

とりあえず無目的に住んでダラダラしてみる、というのもありです。

田舎暮らしに興味を持った人たちが集まり、「なんとなくいい」と思うまちの魅力や人間関係に触れながら、色々と試行錯誤して「自分たちなりの田舎暮らし」をゆっくり模索してもらいたい。

自分たちなりの田舎暮らし!!!

興味があれば是非、「ゆるい移住WEBサイト」へ♪


SPONSORED LINK

関連記事

この記事の著者

しらい こうへい

しらい こうへい管理人

85年生まれの神戸在住。Airbnb・スペースマーケットを活用し、築50年の日本家屋で民泊・スペース貸しをやっています。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




▼過去記事を見る▼

Facebookページ

ページ上部へ戻る